まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
東かおり

年金相談のプロ

東かおり(あずまかおり)

オフィス あず

お電話での
お問い合わせ
075-756-7153

コラム

基金解散後の受給プラン

老齢

2018年5月17日 / 2018年11月20日更新

厚生年金基金から支払われる年金(代行部分)は基金の規約に基づいて支払われています。
基金が解散しますと、代行部分は国に返上され(代行返上)、国のルールに則って「老齢厚生年金」として支払われることになります。

国のルールには、「一人一年金」という決まりがありますので、老齢・障害・遺族といった支給事由の違う年金は同時にもらうことはできません。

ところが、基金には、国からもらっている年金がどんな年金でも、基金から年金(代行部分)は支払います!と規約に定めている基金があります。

そんな基金から年金(代行部分)をもらいながら、国からは遺族年金や障害年金をもらっている方の場合、基金が解散し代行返上しますと、代行部分は国の「老齢厚生年金」となりますから、国の遺族年金や障害年金と同時にもらうことができなくなります。
代行返上後の年金受給プランを考え直す必要が出てきます。

人によって選択する年金は違いますから、返上前と返上後のライフプランを見直していただき、必要であれば、年金の選択替えをしてください。年金の選択替えは、「年金受給選択申出書」を提出した月の翌月分から変更されますので、すみやかに届を出されることをおすすめします。

☆★☆_________________________________________________________☆★☆
あらゆる年金のご相談は 社会保険労務士 オフィスあず まで

この記事を書いたプロ

東かおり

東かおり(あずまかおり)

東かおりプロのその他のコンテンツ

Share

東かおりプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-756-7153

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

東かおり

オフィス あず

担当東かおり(あずまかおり)

地図・アクセス

東かおりプロのその他のコンテンツ