まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中川慶子

女性の不調をウォーキングで改善する姿勢育のプロ

中川慶子(なかがわけいこ)

keikoウォーキングスクール

コラム

身体ぽかぽか♪体温を上げる毎日の歩き方のポイント♪

2018年1月17日

おはようございます!京都、大阪、keikoウォーキングスクールの中川慶子です。



毎日の姿勢と歩き方が、皆さまの心身の健康、美しい身体づくりの一助となります様、一生懸命に頑張って参ります。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、厳しい寒さが続いていますね。

体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上ダウン、そして、がんが最も増殖するのは体温が35度台と、言われています。

毎日、必ず行う立つ、歩くを、つま先から頭の先まで丁寧につかって行うと、心身共に嬉しい効果がたくさんあります。

体温を上げる歩き方のポイントとは??

骨盤を立て、大きな筋肉をつかって歩くこと^^

たくさん歩いた後、太もも前側の筋肉に疲労感がたくさんある方は、身体の前側の筋肉に力を込め、歩いていませんか??

まずは、良い姿勢=身体に負担少なく楽な姿勢で立ちます。

姿勢は、心身の健康、美しい身体の要です^^

マイベストプロ京都、コラムでもご紹介しておりますので、ぜひ、ご覧下さいませ。
 ↓↓↓
健康に美しく歩く♪まずは正しい姿勢から♪

そして、基本の歩き方を行います。
↓↓↓
基本の歩き方~毎日の歩くをウォーキングに変えるテクニック~

★簡単にできる骨盤の立て方
①良い姿勢(身体に負担少なく楽な姿勢)で立ちます。

②骨盤前面の左右にあるごつごつした骨に親指をあて、残りの4本の指を骨盤背面にあて、骨盤を前後にゆらします。
脚の付け根が伸び、横かたとき、地面から脚が真っ直ぐに伸びている位置で骨盤ゆらしを止めます。

★身体の背面にあるおしりや太もも、背中の大きな筋肉を使って、後ろから身体を前へ送り出すように歩きます。

①脚の力をぬきながら、みぞおちあたりから真っ直ぐに引き上げ、踵からそっと着地、つま先へ向かって真っすぐ、足裏全体、
踵→足裏真ん中→親指と小指の付け根→つま先の順に地面につけていきます。

小さな小指もていねいに使うことが大切^^

②身体背面の大きな筋肉(おしりや太ももうしろ、背中)をつかって、後ろから身体を前へ送り出し歩きます。

その時、脚が倒れていませんか??

今、多くの方に見られるO脚やX脚などの脚のゆがみは、毎日の姿勢、歩き方から大きな影響を受けています。

脚は、身体の土台!

脚のゆがみは、見た目だけでなく、心身の不調、ボディーラインのくずれにつながります。

まっすぐな脚は、健康で、そして、美しいです^^

まっすぐに脚をつかい、後ろから前へ前へ身体を送り出し歩きましょう。

歩きながらおしりに手をあて、おしりの筋肉が動いているか確認してみるのもおすすめです。

毎日、必ず姿勢、歩き方が変わると、身体が変わります。

身体が変わると心が変わり、毎日、人生が光輝きます♪

最後まで、お読み頂きましてありがとうございました♪

この記事を書いたプロ

中川慶子

中川慶子(なかがわけいこ)

中川慶子プロのその他のコンテンツ

Share

中川慶子プロのその他のコンテンツ