まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中川慶子

女性の不調をウォーキングで改善する姿勢育のプロ

中川慶子(なかがわけいこ)

keikoウォーキングスクール

コラム

毎日の歩く(通勤、通学時間)をウォーキングエクササイズに変える方法②

2017年12月5日

こんばんは。 京都、大阪 keikoウォーキングスクールの中川慶子です。

皆さんは、毎日の歩くを、意識して行っていらっしゃいますか??

無意識にただ歩くのと、爪先から頭の先まで、全身を丁寧につかって歩くのでは、雲泥の差があります。

忙しい方でも、歩く機会は、一日何度も何度もあります。

毎日の姿勢、歩くから、私達の身体、そして、心も大きな影響を受けています。

腰痛や、肩こり、慢性的な頭痛などの不調、ボディーラインのくずれは、毎日の姿勢と歩き方の改善が、とても大切^^

毎日の立つ、歩くを、爪先から頭の先まで、全身を丁寧につかって行うと、身体にも心にも嬉しい効果がたくさんあります。

そして、一度、身に付けると、一生涯、ご自身のものです。

まずは、良い姿勢で立つ事からはじめます。



良い姿勢=骨格があるべき正しい位置にあり、身体に負担少なく楽な姿勢

良い姿勢づくりをコラムでもご紹介しておりますので、下記をご覧下さい。
             ↓↓↓
 http://mbp-kyoto.com/nakagawakeiko-walking/column/15870/

基本の歩き方①のコラムは、下記をご覧下さい。
             ↓↓↓
 http://mbp-kyoto.com/nakagawakeiko-walking/column/15903/

一生涯、楽に美しく立つ、歩いて生きる...

その為に、土台となる足裏、脚の形をとても大切にしています。

健康な足裏は、3つのアーチがあり、足指が真っ直ぐ前にのび、爪先と踵をそろえて立った時、

内くるぶし、ふくらはぎ、膝横が、無理なく付く、真っ直ぐな脚を理想としています。

なぜなら、O脚やXなどの脚のくせや歪みは、立つ、歩く際に、身体に余分な負担がかかってしまうからです。

くせ、歪みの改善のセルフケアを行い、毎日の歩くで、脚を真っ直ぐにつかう事で、脚のくせが改善し、真っ直ぐな脚になられる生徒さん達...

何歳になっても、身体は変わる...を教えて下さる皆さんに、私が、元気とこれからの未来にワクワクする気持ちを頂いています。

歩き方にも、いつくかポイントがありますが、今日からすぐ出来る事は、

●引き上げる方の脚は、力を抜きながらあげます。
  *筋力で持ち上げようとせず、軸足になっている足裏、足指を出来るだけ、大きく使い、身体を支えます。
   頭は、ふんわり真上に風船を飛ばすイメージです^^
   出来るだけ、楽に身体を使って歩ける様、良い姿勢を大切に大切に行います。
   片足立ちが楽に出来る様、練習される事も、おすすめです。
   上手くいかない...ふらふらしてしまう...そんな方は、筋力がないから...ではない方がほとんどです。
   爪先から全身をつかって、バランス良く立つ事で、余分な力をかけず、楽に立つ事ができます。

●真っ直ぐに着地し、後ろ足も、真っ直ぐにつかって、身体を前へ送り出し歩きます。


無意識に身体に力を入れてしまっている事が多い私達...

力を抜くって、私自身も簡単ではありませんでした。

立つ、歩くは、力を抜いて出来る様になりましたが、日常では、身体も心も無意識に力を込めてしまっている事もたくさん...

だから、毎日、何度も、繰り返される立つ、歩くを、力を向きながら行う事で、身体(筋肉)も、ゆるみ、ゆるんだ身体で、呼吸し、動く事で、身体の隅々まで、酸素が行き渡り、歩けば歩く程、身体も心も元気になれます。

ぜひ、力を抜いて、良い姿勢で立ち、脚を真っ直ぐにつかってみて下さいね。

今晩は、とても冷え込む予報ですね。

暖かくしてくれぐれも、お身体にはご自愛くださいませ^^  

この記事を書いたプロ

中川慶子

中川慶子(なかがわけいこ)

中川慶子プロのその他のコンテンツ

Share

中川慶子プロのその他のコンテンツ