まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮井泰造

高断熱・高気密住宅のプロ

宮井泰造(みやいたいぞう)

有限会社 宮井建築設計事務所

お電話での
お問い合わせ
075-802-0321

宮井泰造プロのご紹介

消費エネルギー1/3以下で1年中快適に過ごせる「Q1.0住宅」を提案(2/3)

宮井泰造さん 打ち合わせ風景

すまいづくりの実践現場と研究機関が開発した消エネ住宅「Q1.0住宅」

 宮井さんは、住宅技術の研究団体である新住協(社団法人新木造住宅技術研究協議会)に所属し、省エネルギー住宅「Q1.0(キューワン)住宅」の普及に取り組んでいます。

 「新住協は非営利の研究グループ。すまいづくりの実践現場である全国の工務店・設計事務所と、室蘭工業大学の鎌田研究室が情報を交換し合い、高断熱を基本性能とした住宅技術を開発。研究開発された技術は独占することなくオープン工法として全て公開しています」

 新住協が提唱するQ1.0住宅を一言で表現すると「超消エネ高断熱住宅」だと宮井さんはいいます。Q1.0住宅が目標として掲げる暖房消費エネルギー量は、平成25年省エネルギー基準で建てた住宅の1/3~1/4。そのためQ1.0住宅では、床や壁の断熱材を厚くするだけにとどまらず、太陽エネルギーを効率的に活用しながら、消費エネルギーを削減するさまざまな手法をバランス良く取り入れます。
「窓の設計を工夫して太陽熱を取り入れると、断熱材の増量と同じ効果が期待でき、冬でも室内を温かく保てます。夏はひさしや外部ブラインドなどを使って太陽光を遮蔽し、室温の上昇を防止。これらの手法を用い、約60坪の住宅をエアコン1台で冷暖房するQ1.0住宅を建設中です」

宮井泰造プロのその他のコンテンツ

Share

宮井泰造プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-802-0321

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮井泰造

有限会社 宮井建築設計事務所

担当宮井泰造(みやいたいぞう)

地図・アクセス

宮井泰造プロのその他のコンテンツ