マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム一覧

公認心理師試験重要キーワード 家庭裁判所

今回は家庭裁判所に注目します。よく家裁と略されますが、知っているような知らないような裁判所です。昔、『家栽の人』というマンガがあって、とても良い話だったと記憶します。ちなみに裁判所の裁ではなく栽培...

大学が本を焼却してはいけません

少し前、高知県立大学が蔵書の一部を焼却したというニュースが出ました。こちら本は増え続けます。保存していけば減ることはありません。当塾も大変な数になっています。最近かなり大きな本棚を買いましたが、...

公認心理師試験重要キーワード 児童相談所②

児童相談所について言及する法律として、「児童虐待の防止等に関する法律」があります。その第6条(児童虐待に係る通告)において、「児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都...

公認心理師試験重要キーワード 児童相談所

公認心理師試験が近くなってきました。私たちも緊張してきましたが、受験をする人はかなり緊張が高まってきていると思います。よくお問い合わせいただくのは、残り期間の勉強方法です。もちろん、明確な回答はあ...

司法・犯罪分野に関する法律・制度④

司法・犯罪分野に関する法律・制度④

前回、家庭裁判所では家庭裁判所調査官による調査や裁判官による審議がなされ、心身の鑑別が必要であると判断された少年は少年鑑別所に収容され、医学や心理学の専門的知識に基づいた調査を受ける(少年院法第16...

司法・犯罪分野に関する法律・制度③

今回は触法少年と少年に対する刑事司法制度について触れます。触法少年は14歳未満で、刑罰法令に触れる行為をした少年です。14歳に満たない者は、刑事未成年者とされ、刑法では、刑事責任能力がないとされていま...

司法・犯罪分野に関する法律・制度②

虞犯少年というキーワードは、現任者講習でも出ていましたが、かなり重要だと考えています。まず区別しないといけないのは、非行少年を三種にわけ、犯罪少年、触法少年、虞犯少年です。少年法3条1項3号には次の...

司法・犯罪分野に関する法律・制度①

司法・犯罪分野に関する法律・制度は、福祉分野と並んで、関連する法律や制度が多い分野です。刑法、少年法、医療観察法、犯罪被害者等基本法、保護観察制度、裁判員裁判、ハーグ条約、家庭裁判所、保護観察所、...

公認心理師のインフォームドコンセント②

前回、インフォームドコンセントは、要支援者の接近権(知る権利)の保障、自己決定権(決める権利)の保障、支援者の還元義務(伝える義務)の遂行からなると述べました。インフォームドコンセントの具体的内容...

公認心理師のインフォームドコンセント①

公認心理師試験において、インフォームドコンセントはかなり重要であることを、当塾の講座において各講師陣はよく言っています。ブループリントによれば、大項目1 公認心理師 としての職責 の自覚、中項目4情報...

公認心理師試験受験資格なしの通知が来ている人が増えているそうです

マイベストプロのサイトがリニューアルされました。ここ数日、このリニューアル作業のために、コラムを更新できていませんでした。どうも最近トシのせいなのか、新しいものへの対応力が鈍っているようで、なかな...

これから大学はどうなる・・

東京医科大学の問題がまた出ました。こちら今度は女子の点数を恣意的に下げていたそうです。さすがに性差別は初めて聞きました。ネットでは「時代錯誤過ぎる」「信じられない」など、驚きと怒りの声が広...

8月の勉強方法

2018-08-01

勉強方法

8月になりました。今年は、地震があって、水害があって、猛暑日が続きます。これだけ暑いと体調を崩す人が増えるでしょうから、まずは体調管理が一番大切です。塾生の方は暑さを無理に我慢せず、冷房のきいている...

精神保健福祉法②

精神保健福祉法制定の背景・目的精神科病院の不足や私宅監視といった社会的背景から、適切な医療と保護の整備の必要性をうけて、障害者衛生法が制定されましたが、地域精神医療の必要性や、人権擁護の観点から...

精神保健福祉法①

精神保健福祉法は、本名を「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」と言います。「精神衛生法」に遡ることができます。この「精神衛生法」は、適切な医療と保護を目的として1950年に制定され、その後、1987年...