まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

井上博文プロのコラム一覧

入試まっただ中の今、同時に結果も気になるところです。毎年気になるのは、よく勉強はできているのに本番に弱く、結果が出ない人です。メンタル面が弱いと言えばその通りなのですが、そんなことは本人が一番わかっています。これを克服するのは、絶対的な量だと思います。勉強量と言えば、ま...

当塾では、入試が終わると、塾に直接帰ってくる生徒が非常に多いのですが、そのまま答え合わせをすることもよくあります。神戸市看護大を受けた生徒の答え合わせをしてみると、8割以上合っていました。これはうれしいものです。ただ、ちょっとケアレスミスが(なんと3単現のSの付け忘れ・・・...

早くも合格発表がありました。京都ノートルダム女子の大学院で合格者が出ました。ここの大学院は卒論の要旨、研究計画、志望理由と提出書類が満載でしたが、受験者は夜遅くまで残って仕上げてくれました。直前で英語の読み合わせをした内容が活きたと言ってくれたことは我々としても喜ばしい...

看護大編入受験の生徒は9月3日、4日は重要です。3日が神戸市立看護大、4日が滋賀県立大の入試日です。看護大編入の場合、近頃関西圏では受験できる学校が減っているのです。大阪府立、京都府立医科大が、入試自体をやめました。また神戸大と大阪大、兵庫県立大と神戸市看護大の入試日が重なる...

すでにいくつかの大学院では入学願書提出期限が過ぎました。入試日程はブログに書いていますのでご参照ください。http://ameblo.jp/kyotocommunitas/こうなるといよいよ後にはひけません。そうやって自分にプレッシャーをかけつつ、足りないところを補いつつ、自分に課した仕事をすべてこな...

この時期、塾内にも結構独特の雰囲気が漂います。不安が主体ですが、その他にも期待や焦りなどもあります。とにかくこの時期に私が生徒に一番よく言うことは「不安を根拠にしないこと」です。「不安だから・・・」という言葉を頭につけて、行動をとるとだいたいはろくなことが起こりません...

京都コムニタスでは、入試直前、つまり前日まで対策を練ります。この時期のサポートは大変重要です。なぜなら、入試の常識として一番伸びるのは入試直前だからです。極端な言い方をすると一日で別人のように変わる人もいます。もちろん積み重ねがあっての話ですが、この時期は我々にとっても...

早いもので8月も終わりです。驚くほど月日がたつのが早くて、カレンダーをみるたびに愕然とします。多分生徒の方がより早く感じているでしょうが。このくらいの時期になると、私はやはり基礎を重視します。英語も授業では、少しペースを遅くして、基礎的な文法の説明に再度時間をさくこともよ...

当塾では8月20日に看護大編入が始まりました。最初の受験者は神戸大を受けました。私たちが扱う種の入試は比較的時事問題が狙われる傾向が強く、英語でインフルエンザ関係の長文が出題されました。ある程度予測済みだったのですが、この業界で予測が当たることはたいした問題ではありません...

早いもので、大学院も入試が始まりました。京都ノートルダム女子大学大学院の入試があり、京都コムニタスの塾生も一次試験に合格して次の面接試験に進めました。面接も十分に対策を練ったので、結果を出してくれると思っています。(願っています)とはいえ、まだ序盤なので、これからが本番...

雑感

2010-08-28

悪い講師シリーズは今回で終わりです。今まで書いたことは実際にいた人をイメージして書いたものです。すでに誰のことか気づいている身内もいます。しかし、実は本人が一番気づかないと思います。この感性の鈍さを最後にあげておきましょう。よく考えてみると、すべてに共通するのはこの鈍さ...

雑感

2010-08-27

私が個人的に好きではないのもあるのですが、個人の思想を前面に出す講師はやっかいです。●●がすばらしいとか、受験にはどうでもいいことを言う人は結構多いのですが、意外に巧みに悪い言い方をすればサブリミナル効果のようにそ~っとプリントなどに自分の思想を混ぜる講師もいました。何で...

雑感

2010-08-26

悪い講師というか、ダメ講師と言った方がいいかもしれませんが、授業だけしてればいいと思っている講師は結構います。こういう講師は授業ギリギリに来て、授業が終わったらすぐ帰るという人が多いです。もちろんその行為が悪いわけではありません。私とて移動のために、すぐに出ないといけな...

雑感

2010-08-25

講師として一つ重要な資質として、発言があります。能力の高さは発言の内容に反映されると言っても過言ではありません。つまり言い過ぎず、言わなさ過ぎずのバランスが取れていることです。しかし、悪い講師は余計なことを言います。例えば、「あなたは合格できる(できない)」や、「なん...

雑感

2010-08-24

講師に限らずですが、教育産業で言い訳の多い人はちょっと面倒です。時々いるのですが、「私は社会の何の役にもたちません。できるのは講師業くらいです」なんてなことを平気で言う人がいます。これは残念なことに大学院を出た人に圧倒的に多いのです。やはり専門馬鹿になっているのでしょ...

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+