マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

第2回公認心理師試験振り返り②

2019年8月12日

テーマ:公認心理師

ここ数日、当塾の公認心理師試験解答解説作成チームが解答を出しました。辰巳法律研究所と解答再現と合わせて公表されると思います。やはりかなり難しかったようです。それに沿って、振り返りを続けます。


問3
20 世紀前半の心理学の 3 大潮流とは、ゲシュタルト心理学、行動主義ともう 1 つは何か、正しいものを 1 つ選べ。
① 性格心理学
② 精神分析学
③ 認知心理学
④ 発達心理学
⑤ 人間心理学

前も言いましたが、今年はこの種の問題が多く、選択肢の日本語の問題で解ける問題が減りました。これだけでも難易度が上がったと言えます。これは②です。

問4
普通教育に適する子どもとそうでない子どもを見分けるための検査法を最初に開発した人物は誰か、正しいものを 1 つ選べ。
① A. Binet
② D. Wechsler
③ E. Kraepelin
④ F. Galton
⑤ J. Piaget

これは①です。今年はBinetさん大活躍でした。

問5
実験は実験者が操作する変数と観測される変数によって組み立てられるが、前者以外にも後者に影響を与える変数があることが多い。この変数は何か、正しいものを 1 つ選べ。
① 従属変数
② 剰余変数
③ 独立変数
④ 離散変数
⑤ ダミー変数

これは②だそうです。何も考えずに①かと思ったのですが、よく考えたら①は「後者」でした。

問6
順序尺度によるデータの散布度として、正しいものを 1 つ選べ。

① 中央値
② 平均値
③ 標準偏差
④ 不偏分散
⑤ 四分位偏差

これまた統計ですが、⑤です。


問7
量的な説明変数によって1つの質的な基準変数を予測するための解析方法として、最も適切なものを 1 つ選べ。
① 因子分析
② 判別分析
③ 分散分析
④ 重回帰分析
⑤ クラスター分析

これは②です。詳しい解説は遠からず出します。



****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師 全国模擬試験
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(京都コムニタス)

Share
関連するコラム