マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

公認心理師試験難問集 プライバシーの保護

2019年5月14日

テーマ:公認心理師試験難問集

北海道試験の問42
要支援者等の個人情報とプライバシーの保護について、最も適切なものを1つ選べ。
という問題が出ました。個人情報保護法等に通じていないとわからない問題かと見えます。これは難問です。と、一瞬私は思いましたが、公認心理師過去問詳解 2018年12月16日試験 完全解説版によると、正答率は82.6%ですので、それほどでもなかったようです。要は選択肢がさほど難しくなかったということでしょう。その選択肢は以下の通り。正答は③です。

① 心理的支援にあたって収集する情報は、すべて要配慮個人情報に該当する。
② 未成年者の支援事例について学会発表を行う場合、保護者の代諾を得るだけでよい。
③効果的な援助のためにプライバシー開示が必要な場合でも、要支援者に開示を強制してはならない。
④ どのような場合でも、要支援者本人の同意を得ることなく第三者に個人情報を提供してはならない。

私は元国語の講師をしていました。その際によく言いましたが、選択肢に「全部」とか「絶対」とかが入っていると、確率は格段に下がるから(もちろん罠もありますが)、とりあえず他を見ようと。①はすべてが入っているし、②なんて「だけ」が入っているし、内容的にも一目で違うとわかります。③はそりゃ強制してはいかんでしょ、となるので、ここで問題文を「適切なものを選べ」だと確認して「不適切なものを選べ」ではないなと、そこも確認して、ほぼ③かなと見て、④「どのような場合でも」をみて、例外はあるよな、と判断すれば③しかないことがわかります。選択肢のサービスですので、これは過去問から学ぶ点はありません。これだけ見ると、あまり専門的な知識がなくても日本語読解力で解けますので、選択肢的には難問ではありません。これは公認心理師試験の問題というよりは国語の問題になってしまったパターンでしょう。ただし、これで難しい選択肢を作って、難問にすることはいくらでもできますので、難問と見ています。
詳しい解説は公認心理師過去問詳解 2018年12月16日試験 完全解説版を見てください。こういう時にこそこの本は威力を発揮します。


****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師試験対策 全国模試
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(京都コムニタス)

Share
関連するコラム