まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

次年度の公認心理師試験対策について

公認心理師

2018年12月4日

公認心理師試験の発表が終わり、多くの人から連絡をいただいています。大半は合格の報です。合格者には点数も出ているらしく、「あと一問間違えていたら不合格だった」という人もいれば、8割くらい取っている人もいました。模擬試験を受けた方々からも全国からメールをいただいています。本当にありがとうございます。特に講座を受けてくださった方々から、お褒めの言葉をいただけると、私たちとしても大いにモチベーションになります。初年度は、私たちも手探りから始めて、あらゆる情報網を使って、こうなるであろうという予測のもとに、講座や模試を作りました。私としては、方向性は間違っていなかったと思っています。主任を中心として、公認心理師法を精査し、現任者講習に出て、その教材を分析し、そこから描き出せる公認心理師像から始まり、多くの先生方がイメージするところの公認心理師像と照合をし、その上で教材や模試を作っていきました。このアプローチは次年度も続けていきたいと思います。ただし、今年は第一回目の試験問題があり、さらに北海道試験の問題もありますので、実質二回の問題をしっかり精査することが、まず求められることになります。もちろん、過去問はむしろ公認心理師試験の幅の広さを考えると、それほどこだわるものではないかもしれませんが、いわゆるレベルを考えた時に、重要な情報になります。また、ブループリントは何と言っても外せない情報源です。昨年は3月9日に出ました。ちょうど公認心理師試験の半年前ということになります。おそらく今年もそのくらいを予想するところが二手目になります。とはいえ、ブループリントが根底的に変わるとも考えにくいですので、今年のブループリントを再度精査するのが第三手になります。また、今年は、たくさんの公認心理師試験対策本が出ました。それぞれ特徴があります。これらを精査していくことも必要なことです。
当塾としましては、私たちが言うのもおかしいかもしれませんが、私たちの今年の模試はある程度勉強になると考えています。次年度も生きた情報として使えると見ます。もちろん、次年度も模擬試験は行うことは確定していますので、今年の問題をしっかり踏まえた問題を作り、より良いものを提供できるようにしていきます。また、教材も今年の問題やブループリントを踏まえ、さらに良いものを作っていきます。次年度、公認心理師試験をお考えの方は、是非参考にしていただけたらと思います。


****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師 全国模擬試験
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井上博文

京都コムニタス

担当井上博文(いのうえひろふみ)

地図・アクセス

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+