まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

精神保健福祉法①

公認心理師

2018年7月29日

精神保健福祉法は、本名を「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」と言います。「精神衛生法」に遡ることができます。この「精神衛生法」は、適切な医療と保護を目的として1950年に制定され、その後、1987年に精神保健法と改名。1995年には、現在の名称に変更されました。おそらく今回の公認心理師試験でも重要な法律になると考えられます。
精神保健福祉法とは、現任者講習のテキストではp.51に記載がありますが、9章、57条からなり、附則があります。第1条は、この法律の目的ですが、

第1条 この法律は、精神障害者の医療及び保護を行い、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成十七年法律第百二十三号)と相まつてその社会復帰の促進及びその自立と社会経済活動への参加の促進のために必要な援助を行い、並びにその発生の予防その他国民の精神的健康の保持及び増進に努めることによつて、精神障害者の福祉の増進及び国民の精神保健の向上を図ることを目的とする。

と盛りだくさんの目的を持っています。

この法律を考える際に、まず障害者基本法も知っておきたいところです。.障害者基本法とは、1970 年(昭和45 年)に制定された「心身障害者対策基本法」が1993 年(平成5 年)に改題・改正された、障害者施策に関する法律です。2011 年(平成23 年)にも大幅な改正を受けています。
関連法が、「身体障害者福祉法」「知的障害者福祉法」「精神保健福祉法」「学校教育法」「障害者総合支援法」「障害者差別解消法」などで、本題の精神保健福祉法が含まれるということになります。2004年に公布、2005年に施行された発達障害者支援法もこの障害者基本法がベースにあります。

次回に続きます。


****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師 全国模擬試験
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share