まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

産業、労働分野に関する法ー④ストレスチェック制度

公認心理師

2018年7月22日

ストレスチェック制度は、労働安全衛生法が2014年に改正されたことを受けて、特にメンタルヘルス不調の未然防止の段階である一次予防を強化するためのものです。労働者が50人以上いる事業所で、2015年12月から毎年1回、ストレスに関する質問票(選択回答)を全ての労働者(契約期間が1年未満の労働者や労働時間が通常の労働者の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者は義務の対象外で努力義務)に対して実施することが義務付けられました。テストとして大事なところは、「毎年1回」「一次予防(未然防止)の強化」だと思います。
仕事のストレス要因、心身のストレス反応、周囲のサポートの三領域が含まれるストレスチェックを受けて、医師等の面接指導を希望する労働者に対しては、面接指導を行わなければなりません。この場合、会社は当該理由によって労働者に不利益な取り扱いをしてはならず、また面接指導の結果等の記録を残しておかねばなりません。
ストレスチェックの実施者は、(ここが大事だと思うのですが)医師、保健師、一定の研修を修了した看護師、あるいは精神保健福祉士が行います。臨床心理士および公認心理師は現時点では含まれません。チェックしておきたいところです。一応くわしく言えば、
・産業医:医師国家資格保持者で厚生労働大臣が定める産業医研修の修了者など
・保健師:看護師国家資格を取得したうえで、所定の保健師養成課程を修了し、保健師国家資格試験に合格した者
・看護師:看護師国家試験に合格した者
・精神保健福祉士:精神保健福祉士国家試験に合格した者。精神科病院そのほかの医療施設において精神障害の医療を受け、又は精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする施設を利用している者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練そのほかの援助を行う。
このように規定があります。
厚労省のストレ スチェック制度導入マニュアルも参照すると良いでしょう。


****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師 全国模擬試験
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share