まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

公認心理師試験に向けた勉強方法⑧

公認心理師

2018年6月12日

ブループリントには、④心理学・臨床心理学の全体像3%という項目がありますが、これも悩ましいところです。臨床心理士の方はあらためて勉強するかどうか、迷うところかと思います。臨床心理士でない方は、どちらかというと、勉強した方が良い項目かと考えられます。とは言え、心理学、臨床心理学の「全体像」と言われても、あまりにも巨大で、縦軸、横軸全部見ていくと、正直割に合わない気になります。心理学は歴史自体は長くはありませんが、人々の関心を呼びやすい学問分野でもありますので、その集積は膨大なものがあり、それが基礎分野と応用分野にわけられると、その分量はかなりの量になります。これをコンパクトに勉強するというのはかなりのハードルの高さです。
しかし、よく勉強して、全体像が見えてくると、他の教科の役にもたちますので、基礎としてやはり学んでおいた方が良いという結論になります。
基本的に学ぶべき事柄は、歴史からになります。その上でさまざまに存在するアプローチ(例えばシステムズアプローチなど)で、最終的には今はやりの折衷、統合といったところまで行き着くのが妥当かと思います。



****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師 全国模擬試験
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share