まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

9月の入試を意識した6月の勉強

勉強方法

2018年6月11日

少し前も述べたのですが、6月は重要な時期です。(重要でない時期などないのですが)、このところ急激に暑くなって、テンションが下がると言う人もいます。それでも学科をしっかり勉強する時期である旨を書きました。とはいえ、やはり6月は過ごし方が難しい時期です。ゴールデンウイークの5月が終わり、暑くなり、梅雨になり、でも休みがなく、試験までには中途半端に時間があり、気持ちが切れかける。こういったことは、誰にでも起こりうることです。今も私の後ろで、「ここ一週間くらいすごく疲れてます」という声が聞こえます。
そうは言っても、入試日程が発表されつつありますので、入試が近づいてきていることを肌で感じ始める時期でもあり、不安が発生し始める時期でもあります。しつこいようですが、6月は一番学科を勉強したい時期です。
6月は学科の訓練の充実を図る時期なのです。例えば、英語であれば、『速読英単語』3周目に入っている人がいます。スピードも上がっており、少しずつ成果が目に見え始める時期でもあります。うまくいっている人は練習量が増えてきます。本人にしてみれば、あまり実感はないというのが、正直なところですが。それでも成果が出始める人も出てきます。
成果が出始めてからが、むしろ重要です。その成果を足掛かりにさらに成長したいところです。この成長を邪魔するのが、不安です。また、そろそろ受験校の決定や、面接対策、研究計画作成も視野にいれる必要もあり、負担が一気に押し寄せるという不安も生じます。そこで私は例年この時期にREBTの授業を入れています。不安などの不健康でネガティブな感情の処理をセルフヘルプとして行う方法を提示します。この時期に不安と向き合う方法を知っておくと、残り期間をうまく使えるようになっていきます。あとは、実際に日常のかかわりの中で、不安を低減するように手をうっていきます。
私たち、指導者側にとっても、この時期は作戦をしっかりたてて、9月までのプランニングを組みなおさないといけない人は、それとなしに修正をかけていきます。また今年も数人いますが、学生の方は、実習で、実家に帰らないといけない人も出ます。そうなると、なかなか塾までくることができないということもありますので、様々な形でコミュニケーションを切らないように心がけています。最近はクラウドがあるので、そこでのデータのやりとりもしつつ、少しずつ書類を作り始めています。
生徒もスタッフもしっかりとした仕事をこなす時期です。


****************************

公式ホームページ
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報

公認心理師国家資格対策講座
公認心理師 全国模擬試験
ご質問・お問い合わせはこちら

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会の理事長を務める心理学者
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share