まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

看護大学3年次編入受験の準備はいつから始めるべきでしょうか?

看護大学3年次編入

2017年11月13日

そろそろ、看護大3年次編入をお考えの方は受験準備に入る時期になりました。何度かお伝えしましたが、国公立看護大3年次編入事情は年々変化しています。特に近年は、国公立大学が、編入の枠を狭めたり、中には廃止するところもあり、私立に目を向けさせる方向になりつつあります。私立大学の看護系学部や学科は年々増加しており、国公立看護大は、大学院の充実にシフトしつつあります。そもそも、看護大編入と言うと、看護師が学士の資格を得るためのものというところから始まりました。それまでは、看護師になると、大学卒業の資格を得ることができなくなってしまうということで、わざわざ休職して、大学に行く人も少なくなかったのです。そのうち、看護大学というカテゴリーが一般化し、大学を出ると、自動的に保健師になれるようになってきました。そのため、編入は、保健師の資格が欲しいという人のための入試というイメージでした。近年、保健師、助産師の両資格は選抜制となっており、大学に入っただけでは受験資格が得られなくなりました。またいずれの資格も、大学院修了資格にシフトしつつあり、国公立大学は、大学院の拡充に向かっていくことは間違いありません。特に助産師資格はすでに大学院資格になっているところも増えており、今年は当塾からも神戸市看護大の合格者が出ました。
近畿圏国公立で現時点で3年次編入が可能な大学は、滋賀医科大学、滋賀県立大学の保健師コース、看護学探求コース、神戸市看護大学、神戸大学、大阪大学、京都大学となっております。今後さらなる変更があるかもしれません。上記の神戸、大阪、京都の三大学は、受験戦略が立てにくく(理由はここでは言いにくい面が多いですので控えますが)、現実的な受験校は、滋賀医科大学、滋賀県立大学、神戸市看護大学の3校を中心に受験戦略を立てることになろうかと思います。また、滋賀医科大学がここ数年、定員10名を満たしていません。京都コムニタスの合格実績を見ても、近年の受験校及び合格校はかなり限定されていますが、これからは逆に近畿圏以外も視野に入れる必要もありそうです。特に助産師資格が欲しい人は、かなり限定されますので、是非、ご相談いただけたらと思います。以上から、そろそろ、受験戦略をたてて、勉強をすすめていく時期となります。
京都コムニタスの看護大3年次編入の説明会は11月19(日)19:00から開催します。是非、ご参加ください。
ご質問・お問い合わせはこちら




*****************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム
仏教の魅力を伝えるプロ

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+