まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

世間が気になって仕方がありません。どうしたらいいですか?

思考方法

2017年5月15日

最近、表題のような相談を受けました。必修ではエラーチェックという項目を設けて、思考のエラーに気づき、それをただしていくことで、エラーを減らしていく作業をします。それですべてがうまくいくというわけではありませんが、悪循環に陥ることが少なくなることが見込まれます。「世間が気になってしょうがない」という思考に頭を席巻されると、すでにエラー状態であると言って良いと思います。これが極まると、「どこから、誰に見られているかわからない。だから・・・」と「わからない」こと「ありもしないこと」が根拠になって、行動に制限がかかります。もちろん、これで身を護るという人もいますし、事実、そんな人もいますので、一概に否定はできませんが、一般に、こうなると、外に出ることさえ困難になります。
では、どんな人がこうなりがちなのかというと、やはり完璧主義の人に多いと言えます。自分は、完璧主義だと思う人にはこの記事は推奨できます。周囲の自分への評価は実は多種多様ですから、完璧であろうとすればするほど、多様な人間にならざるを得なくなります。すべての人の要望通りの人間になどなれるわけもありません。つまり、世間を気にすればするほど、「ならないといけない人間像」が増えてしまい、「できる自分」を演出せざるを得なくなり、そのうち苦しくなってしまうということです。また、世間という名の周囲の自分への評価は、想像以上にテキトーなものです。そんなものは見方によって変わってしまいます。私でさえ、たまに「いい人」と言う人がいるくらいです。もちろん、悪い人という人も(たくさん)います。口数が多いという人もいれば、無口という人さえいます。努力家と言われたこともありますが、天才肌と言われたこともあります(これには驚いた)。要するに、周囲はいろいろ言います。親や兄弟とて、正確な評価は(むしろ余計に)できないと思います。また、周囲は予想以上に、あるいは自分が期待するほど自分に興味はありません。
一方で、「見てくれている人は見てくれている」という面もあります。これは、自分なりに真摯に生きていれば、その点について評価してくれる人もいるということです。すなわち、同じ人を同じ世間が評価すると、片方で、「ひどい」「最低」と言われたとしても、片方では、「すばらしい」と言われることもあり、またもう片方では、より細かく努力を評価してもらえることもあるということです。そんな周囲の中で、自分のやるべきことは、世間のこの性質を理解して、真摯に精一杯、自分の今ここでできることをすることです。



******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会
21回大会ホームページ

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share