マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

塾の初心を忘れない

2017年2月5日

テーマ:京都コムニタス設立の理念

2月になりました(なっています)。この時期は、受験直前ですので、願書提出のために、連日夜中までかかって、書類作成をしています。当塾では、それが当たり前の光景ですので、私たちとしては、夜中まで残ることをよしとするのではなく、少しでも良いものを作っているという意識を忘れないようにしておく必要があります。どうしても、長時間一緒に過ごしますので、悩みを聞くこと、不安を聞くことも多いのですが、目的は学科の能力の向上と書類の進化に必要なことをすることです。
一方で、この時期は様々な方々からお問い合わせをいただきます。私たちも精一杯いただいたご質問にお答えします。今は、特に受験に対する不安、予備校選びの不安が多いと思います。まずは情報収集から始めましょう。ここのところ一番多かった質問が
「京都コムニタスとはどんな塾ですか?」
というものでした。やはり、多くの人は塾や予備校というと、大学受験予備校をイメージされると思います。いわゆるカリキュラムという名前のついた、年間スケジュールに従って、決まった演目の授業が「進む」というスタイルです。「進む」からには必ず「遅れる」人が出ます。私はこれを予備校業界の演出と呼んでいます。本当のところ、カリキュラムも遅れる人も不要なのですが、演出上、正確に言うと、不安を煽る関係上、カリキュラム的に進んでいる人と遅れる人が必要なのです。大学受験予備校やその他の予備校は、今や高度にシステム化されており、経営的にみた場合、ある程度このようなやり方も必要なのかもしれませんので、必ずしも否定はできません。
しかし、この方法は大学院受験や編入受験には全く適応しません。特に大学院受験の場合、偏差値という考え方は、全く機能しませんし、模擬試験も何の意味もありません。あえて言えば、大学院を特定して、予想問題を作ることは、不可能ではありません。私は以前ある大学の予想問題模試を画策しましたが、その大学の協力を得られずできなかったことがあります。模試を作るなら、それくらい踏み込まないと意味をなしません。それよりも大学院がどういう人材を求めているのかを丁寧に考える必要があるのです。少なくとも大学院受験や編入受験に、カリキュラムも不安扇動も不要です。論文を書く、研究をするために、そのようなものがあると、かえって枷になります。

京都コムニタスでは、カリキュラムを設定せず、随時入学生を採用しています。この点を初心として、そして、受験まで与えられた期間で、大学院に合格して、さらに入学後十分やっていけるだけの能力と体力と考え方を身体にインストールしていきます。当塾のオリジナルの授業として「必修」という授業がありますが、その授業では論理的思考力の習得を基礎とします。そして応用として、研究計画、志望理由、面接対策なども行います。今は集団討論の練習をしています。やはり、これらは入試で重要なトピックであることは間違いないので、十分な準備が必要です。あまり意識されていないことが多いのですが、我々が手掛ける入試において学科はある意味、客観性が強く、取った点数がそのまま反映されますが、学科以外の項目は、はっきり言って採点する先生次第です。場合によっては、ゼロに近い点数がついていることもあるのです。知らぬは本人のみということも多いのです。しかし、多くの人は、不合格の要因を学科にしか求めないのです。英語ができない要因を単語だけに求めるのと構造は同じだと思います。大学院入試や編入入試は総合力が重要です。学科以外の項目にも十分に力を入れておくと、かえって学科の点数も取れるようになっていきます。これも循環です。やはり、手を抜いた部分のある人は悪循環に陥り安く、そのままだと良い循環は巡って来ません。何事においてもうまくいく人は、良い循環を手に入れています。必修は総合力を身に付けることによって、この良い循環を体感してもらったり、あるいは悪循環に気付いてもらい、そこから脱する方法を体感してもらう授業でもあります。

京都コムニタスは、塾としての初心と理念を忘れず、合理的に合格後を見据えた質の良い教育を提供し、可能な限り良い書類を作り、高い学科の能力を獲得していきます。シンプルですが、徹底してこのシンプルな目標をこれからも忘れず追求していきます。



******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

REBT(論理療法)を学びたい方はこちら
日本人生哲学感情心理学会

この記事を書いたプロ

井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(京都コムニタス)

Share
関連するコラム