まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

研究計画書を作成するにはどのくらい時間がかかりますか?

研究計画書作成方法

2015年6月12日

研究計画書の作成期間は、人によって異なりますが、
だいたい2から3ヶ月は欲しいところです。
私の師匠の言では、本気になったら3ヶ月で論文は書けるということですが、
研究計画もそのくらいはかかるのではないかと思います。
もちろん、京都コムニタスの生徒であれば、私たちも一緒になって作りますので、
もう少し早く作ることは可能です。

時間的に早く作ることを重視する場合は、やはり下ごしらえが物を言います。
どれだけ作る物のイメージが明確であるかが、早く作るポイントです。
いつも言っていることですが、研究計画は料理のレシピですので、
できあがった料理のイメージなくしてレシピを作ることはできませんし、
試行錯誤段階で、レシピを出すことも許されることではありません。
またやってみないとわからない状態も同様ですし、できるかどうかわからない、は
もっと問題があります。
だとすると、初動の段階から、例えば、尺度など、「これを作る」ということを
先にイメージをしておくことは時間的なことを考えた場合、合理的ではあります。

ただし、私としては、あまりその方法はおすすめはしていません。
私の考えでは、まず何がしたいのか、ということを徹底的に聞きます。
この6月の段階でもたいていの人は、そこを重視して聞いています。
一部の臨床心理士大学院は、今月中に出さねばならないところがありますので
そんな悠長なことを言ってる場合ではないところもありますが、9月受験の場合、
まだ焦らずにぶれずに「これを作りたい」というものをかなり絞り込んでいきます。
そうすることで、自分にしかフィットしないけれど、一般の研究からもずれない
研究計画書に近づいていくことができます。
焦らず、まずは何がしたいのかを徹底的に追求しましょう。




******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
入塾説明会情報
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+