まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

官民一体校

以前から話題になっていましたが、花まる学習会という塾が、
佐賀県で公立小学校で教育を行うという取り組みが始まるそうです。
こちらの記事を参照
九州の知人の話では、この学校に入るために佐賀県に
転居した人もいるとのことです。そこが狙いであったかどうかは
わかりませんが、興味深い取り組みとして多方面から注目されています。
この前期で教育学部に合格した方と調べて、論述トピックとして
検討したこともあります。

近年、塾が学校教育に関わることが増えています。
学校側が子どもの成績を伸ばすノウハウを塾に聞こうという取り組みです。
そもそも塾は、学校でカバーできないところを指導しますので、学校教育とは
質が異なって当然だとは思います。その部分を学校が補うのは、
本来容易なことではなく、塾と学校の棲み分けが、なんとなくの常識でした。
ちょっと嫌な言い方ですが、私たちの世代では、学校は塾のことをあまり
良くは思っておらず、塾も学校ありきで、学校にできないことをやろうと
してきた歴史があります。朝日新聞と産経新聞のような関係と言うのは
言い過ぎでしょうか。

近年、この関係が崩れつつあるのです。これにはお互いの歩み寄りが必要です。
花まる学習会と佐賀県の間でどのような契約がなされたかは知る由もありませんが、
その教育方法については、かなりの話し合いがなされたと想像します。
お互いがお互いを否定だけしていたのでは新しい物は生まれませんので、
生産的な話し合いがなされたのだと思います。とりわけ官の側の妥協は
大きかったと推測します。

この意味で、本件は塾にとっては、非常に大きな出来事であって、
花まる学習会の成果によって、今後の塾のビジネスモデルも大きく
変わってくると思われます。
私たちのような大学院や編入を専門に扱う塾には、今のところ
直接関係ありませんが、長い目で見たときに、大学生の質も変わってくるかも
しれません。良い変化になればいいと期待しているところです。



******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+