マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ) / 塾講師

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

10月の必修の授業ーこんなことをしてはダメよ集

2014年10月11日

テーマ:勉強方法

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

10月は2月受験を目標にする人と、
来年の9月を目標にする人とが混在します。
必修の授業ではこの時期には、
こんなことをしてはダメよ集をしています。
研究計画書、志望理由書、面接が、学科以外の
3本柱ですが、これらの利点は自分で準備ができることです。
しかし、案外漠然と「何とかなる」と考えて、ほとんど準備をせずに
無手で臨んでしまう人が多いようです。
その一言、その一文字が点数になると考えると、おろそかにすることなど
できるはずもありません。しかし、不安に取りつかれてしまうと、
学科だけに力を注いでしまい、面接で失敗しているという事例の方が
多いということに気づきません。また、自分が面接で何を言ったのか
覚えておらず、「まぁ、何とか、和やかだったし、大丈夫でしょう」
と漠然と考えがちですが、実は決定的な一打を打ってしまっていた
ということもよくあります。こういった人は、反省しようにも、そもそも
反省ができないのです。だから、敗因は「単語力」と安易に考えがちです。

当塾では、そういったことにならないように、必修で、まず
「こんなことしてはダメよ集」を行います。これは、基本的には自分のエラーチェックです。
自分が日常、どんな言葉を使っているか、あるいは他者の言葉をどう読んでいるか
しっかりチェックしておきたいところです。
例えば研究計画で
「人間が生きていく上でこころの存在はとても大きい」
などと書きだしてしまうと、最初から意味不明です。こころの存在について
自分がどう考えるかについては、考えたり、書く余地はあるかもしれませんが、
それも基本的には不要です。書き出しはかなり重要です。日本語は
接続詞で論理構成を維持しますので、最初からエラーをしてしまうと
あとから修正をかけるのが難しくなります。だから
「人間が生きていく上でこころの存在はとても大きい。そのため・・・・」
と続けていくとあと何を書いても妙な文章になってしまうのです。
一文、一文丁寧に積み上げていくためにも、極力エラーを減らしていくことが
大切なことです。必修の授業はまずここから始めていきます。


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(京都コムニタス)

Share
関連するコラム