まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

英語の辞書の引き方1

「英語の辞書の引き方」と表題に
書きましたが、基本的に決まった
引き方はありません。
ただ、私自身もそうでしたが、高校生の時、
辞書を引けば引くだけ賢くなると言われましたが
あれば嘘です。引かねばどうにもなりませんが、
引けばなんとかなるというものでもないという
ジレンマを常に抱えている人の方が多いというのが
私が見てきた中での現実のところです。
英語ができないという人の大半は「単語」を
原因に挙げます。確かに単語数は多いにこしたことは
ありません。私が昔行っていた英語専門学校の先生は
話せるようになるには2万語必要だと言っていました。
しかし、現実的に考えて、2万語は厳しいです。
また、それほど覚えなくても入試の長文読解は
可能です。まして、最近の入試は辞書使用可の
学校の方が多くなってきています。その点から見ても
大学の先生も単語量を問いたいわけではなさそうです。
辞書さえあれば、正確に英語から情報が引き出せるか
どうかを問いたいとみても良いと思います。
そうすると、辞書の引き方が重要になってきます。
「始め!」の合図と同時に辞書をバサバサめくる人は
不合格への第一歩と言って良いと思います。
私はかつて専門学校の先生に、その行為を指さして
「フラッタリング」と言われ、「それをやる奴は賢くないんだよ」
(と言われたような気がした)的ニュアンスのことを
言いつつ、立ち去られた思い出があります。
当時はさっぱり意味がわからなかったのですが、
あとから調べてみると、鳥が羽をバサバサやるように
辞書をめくる人は、あまり賢くないという意味合いが
あるそうです。だとすると、適切な辞書の引き方が
あるということになります。一つ回答としてあげると、
私が考えついた範囲ですが、日本人が国語辞典を引くことを
イメージすればいいということです。

続きは次回

大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
http://www.kyoto-com.net/
info@kyoto-com
公式ブログ
http://s.ameblo.jp/kyotocommunitas/
看護学校進学部
http://s.ameblo.jp/communitas-nurse/
大学院&大学ネット
http://www.keikotomanabu.net/college/000177 5298/0001775298.html
龍谷ミュージアム
http://museum.ryukoku.ac.jp/index.php

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+