まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

合格者対象実践コースーREBT実践編1

当塾では、前期試験合格者を対象に
実践コースを行っています。
1月から私がREBT の講義をしています。

普段は必修の授業の中で、このREBT の
応用編を取り入れています。私が特に
強調するのは、「不安を根拠にするな」
ということです。不安をなくしてしまうのは
不可能です。なくなったらブッダになれる
かもしれませんが、少なくとも私には無理そうです。
しかし、「不安だから云々」と言わない、しない
ことは誰でもできます。その人の考え方次第です。
不安という感情は、REBT 用語で、不健康でネガティブな
感情です。そしてそれはイラショナルビリーフという
根拠のない、非合理な思い込みから発生します。
そうすると、当然、不安も確たる根拠のない感情です。
その感情を根拠にすると、まず失敗します。
怒りなども同様です。「ムカつくから云々」という
人の次の行動はろくでもないものでしょう。
このようにREBT を受験への応用として用いています。

今回は実践編ですので、応用よりは、基礎情報から
授業をすることになります。方法は
日本人生哲学感情心理学会の方式に沿った形で説明をします。
まずは、アルバートエリスの解説から入ります。
エリスがどのようにしてREBT に行き着いたかのプロセスは
REBT を学ぶ者にとって必須です。エリスは合理的な考え方は
健康な感情を産み出すことを想定するのですが、何をもって
合理的とするかについて、過去の哲学者の考え方を多分に
取り入れます。REBT を学ぶ際には、まずは正しい考え方を
知るところから始めると良いでしょう。

次回はABC理論になります。


大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
http://www.kyoto-com.net/
info@kyoto-com
公式ブログ
http://s.ameblo.jp/kyotocommunitas/
看護学校進学部
http://s.ameblo.jp/communitas-nurse/
大学院&大学ネット
http://www.keikotomanabu.net/college/000177 5298/0001775298.html
龍谷ミュージアム
http://museum.ryukoku.ac.jp/index.php

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share