まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
井上博文

大学院・大学編入受験のプロ

井上博文(いのうえひろふみ)

京都コムニタス

お電話での
お問い合わせ
075-662-5033

コラム

理不尽な面接質問事例-臨床心理士指定大学院

面接対策 集団討論対策

2012年2月22日 / 2014年2月20日更新

入試も佳境に入り、結果も少しずつ出ています。
当塾では受験報告書を提出して頂いてますので、
受験者がどのような問題に出会ったかが概ねわかります。
我々として気になるのは面接です。その内容によって
合否が読める場合が多いからです。非常に悪い言い方ですが、
合格させる気がない面接というのも正直あります。
申し訳ないのですが、明らかに難癖をつけてきている場合があります。

例えば、名前は出せませんが、ある大学では、
提出した研究計画やレポートについて「意味がわからない」と言われました。
しかし、自分で言うのもなんですが、意味のわからないものを提出するなどあり得ません。
そんなことがないように何度も何度も書き直します。
事実、他の大学にも同様のものを提出しましたが、そちらでは
「言いたいことはきっちり伝わりました」と
褒めていただき、そして合格しました。
難癖(失礼!)をつけられた大学は不合格でした。そこは
内部生だけが合格していました。もちろんひねくれた見方かも
しれませんが、内部生を合格させるために難癖をつけてきたのかな
というように思ってしまいました。負け惜しみのようですが・・・

またレポートや研究計画には一切触れていない、履歴書に書いた
その生徒の前の職業について、くってかかってこられ、
「その仕事と臨床心理学について述べなさい」
と言われました。しかし、それはあまりに理不尽な問題です。
それでも精一杯の回答をすると、
「そんな仕事と臨床心理は関係ありません」
とのこと・・・・
ちょっと理不尽がすぎるのでは・・・


******************************

公式ホームページはこちら
大学院・大学編入受験専門塾 京都コムニタス
ご質問・お問い合わせはこちら

京都コムニタス公式ブログ
京都コムニタス看護学校進学部

自分磨きのための仏教
龍谷ミュージアム

この記事を書いたプロ

井上博文

井上博文(いのうえひろふみ)

井上博文プロのその他のコンテンツ

Share

井上博文のソーシャルメディア

google-plus
Google+