まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

宮本章太郎プロのご紹介

悩みをじっくり聴き〝心の居場所〟を提供する心理カウンセラー(2/3)

宮本章太郎 みやもとしょうたろう

気持ちのバランスが崩れそうなときは「カウンセリング」がある

 カウンセリングを「仕事」にする前はごく普通の会社員。社会人になってからも「何が自分に合っているのか」を考え続けていました。「自分には特別な才能はないけれど人の役に立つことはできないか」とも思い続けていました。そして日々耳にするニュースは悲惨な出来事ばかり。社会的事件を起こしてしまう人は「必ず心の問題を抱えている」と思った宮本さんは「まず誰か話を聴いてやらなければいけないのではないか」と気づきます。

 そこからカウンセリングを教える学校へ通い、勉強を始めました。「もともと心理学にはあまり興味はありませんでした。私自身、誰かに話したところで何が解決するんだ、と否定的でした」と言います。しかし、理論と技術を学んでいくうち、聴いてもらうことで気持ちが楽になること、そこから「どうにかしよう」「何か変わるかもしれない」という思いが生まれることがあると実感しました。

 宮本さん自身、不登校から引きこもりになった時期があったと言います。「私はポジティブ志向だったこともありますが、幸いにも親や周囲の人の支えもあり、立ち直ることができました。カウンセリングというものがあることも知らなかったですし。知っていても行ったか、どうか」と笑います。しかし、宮本さんのように、周囲の人たちに恵まれている人ばかりではありません。気持ちが折れてしまいそうなとき、心のバランスが崩れそうなとき、孤独感に苛まれたとき、「カウンセリングという手段もある」と、心の片すみに留めておくことは大きな支えになるのではないでしょうか。

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share