まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

エアコンの室内での水漏れ原因は

空調メンテの疑問、一答涼暖!

2014年3月4日 / 2014年3月19日更新

一般のご家庭で、
エアコンの室内から水漏れして
大変な思いをされた方はいてはりませんか?
しかし、室内の水漏れ原因がエアコンにある場合、
暖房ではなく冷房シーズンに起こり得るものなんです。

冷房時には、室内機の中の何枚にも重なった金属板からなる
熱交換器によって空気を冷やします。
その過程で結露した水分は、室内機の下に設けてある
お皿(ドレンパン)で受けてから排水管(ドレンホース)を通って
屋外に出るしくみです。
ここでいう結露した水分というのは、
夏の暑い日に冷えたビールの入ったジョッキの表面につく
水滴と同じようなもの。
冷え具合に応じて、水滴の量は増えるという訳です。

このようなことから、
水漏れの大半は以下のケースが考えられます。

◎エアコンの温度の下げすぎや風量の弱すぎる設定で、
 機器内部で結露する水の量が想定を超え、
 ドレンパンからあふれ出るケース。

◎フィルターの汚れで室内空気を本体がうまく吸い込めず、
 熱交換器が冷えすぎて想定以上の霜がつき、
 それが解けてドレンパンからあふれ出るケース。

◎ドレンホースのつまりによって、
 室内機まで排水が逆流してしまい水漏れするケース。

従って、その原因への対処法は一目瞭然!
①適正な温度と風量の設定(温度を下げる場合は風量を強めにすること)
②フィルターの掃除の徹底
③屋外の排水管やドレンホースの口先のつまり除去(ブラシなどで手軽に)
以上のポイントを改善すれば、弊社で受ける相談のほとんどは解決しています。

一方、暖房シーズンは冷房とは逆で
室内機ではなく室外機の側から排水しますので、
設置面の床や地面などが濡れているのはこのためなんです。
室外機の熱交換器部分に霜がつくことだってあるんですよ。
ですから、エアコン原因での室内の水漏れはこの時期考えにくいのです。

これらのことをわかってもらった上で、
エアコンの水漏れに冷静な対処をしていただければ幸いですわ!

株式会社京都設備 ホームページ
【京都設備】公式Facebookページ

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸のソーシャルメディア

facebook
Facebook

倉本和幸プロのその他のコンテンツ