まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

業務用エアコンの割引率が招く落とし穴は

空調機器の疑問、一答涼暖!

2013年5月9日 / 2014年3月19日更新

4~5月にかけ、
業務用エアコンの価格改訂がございました。
皆さんがエアコン購入の際、特に気にされることと言えば、
割引率ではないでしょうか?

ここ最近、主要メーカーの定価比較をすると、
統一感に欠ける価格設定となっています。

従って、
割引率が大幅なものであってもお得でないケースや
割引率が低いけれどお得なケースなど、意外な落とし穴が・・・
こんな価格分析、素人判断ではちょっと難しいところです。

業務用エアコンは、省エネインバーターのクラスによって、
松(超効率)竹(高効率)梅(標準効率)に分かれます。
しかし、竹や梅の機種に松や竹の価格をつけている
極端な例も見受けられます。

ウチみたいな専門業者だから、
このような見解に基づくお話しができるのです。

業務用エアコンを採用される会社事務所や店舗では、
「まさか」のときのアフターを重視しておられるはず!

そういうときこそ、割引率の問題も含め、
安心して任せられる業者を見つけることが肝心です。

そんなとき、一番に声のかかる空調業者を目指し、
ウチの会社はがんばっております!

50周年で一新!京都設備ホームページ
絶賛発熱中!京都設備facebookページ
バーチャル会社PR!京都設備AR

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸のソーシャルメディア

facebook
Facebook

倉本和幸プロのその他のコンテンツ