まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

【れ】~冷暖房の効きに影響するガス圧の句

空調かるた

2012年7月27日

~【れ】いばいを 足せば冷えます 温もります~

エアコンの中に入っているガスは、
冷媒ガスやフロンガスと呼ばれています。

このガスが不足すると、
冷暖房の効き具合にかなりの影響を及ぼします。

「昔と比べて、効き具合が悪くなったのかな?」
と思うことがあれば、専門のサービスマンに
ガスの圧力を点検してもらってください。

これは、人間の健康管理のための
血圧測定と同じようなものです。
もし、ガス圧(血圧)が
高かったり(高血圧)低かったり(低血圧)すると、
圧力調整(治療)が必要なときも・・・
ガス圧力を正常な範囲内で維持していれば、
エアコンの効き具合はきっとええ風になるはずです!

エアコンの洗浄やフィルターの掃除、
さらには温度設定を変えてみても効きが悪いようなら、
ぜひ一度エアコンの血圧チェックをされてみてはいかがですか?

おこしやす!㈱京都設備のホームページへ
ムダなくムリない空調節電のおさらい

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸のソーシャルメディア

facebook
Facebook

倉本和幸プロのその他のコンテンツ