まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

エアコンは健康で長生きするための道具!

連日の暑さの中、
熱中症の被害に関するニュースが増えてきたね。

今、このコラムを読んでくれてはるおじいちゃんおばあちゃん!
エアコンの運転、ちゃんとかけてる?

エアコン嫌いな高齢者の方に多い声は、
あまり暑く感じないし、冷房すると寒いから
このままでいいというもの・・・

年齢の若い人達は、
体感温度を快適にする節電の工夫をすればいいのですが、
ご年配の人達は、その逆で、
快適な室温管理を強制的に行わないとあきません。

気温も意識しとかなあかんけど、
ひょっとすると室温の方がもっと高くなるときだってあるんやで。
そうなれば家の中にいても熱中症になってしまうねん。

室内に温湿度計をおいておけば、
健康に過ごす室内環境にするための役に立つわ。
その数値をもとに、エアコンを上手に使わなな~!

おじいちゃんおばあちゃんには、
エアコンを健康で長生きしてもらうための道具として考えてほしい。
だから、節電やといってムリせんと冷房せなあかんで!
世の中が必要とする節電は、若い世代にまかしとき!!

おこしやす!㈱京都設備のホームページへ
ムダなくムリない空調節電のおさらい

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸プロのその他のコンテンツ