まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

【へ】~気にせなあかんドレン配管の句

空調かるた

2012年4月27日

~【へ】ドロなど 汚れ・つまりの あるドレン~

エアコンの配管は、2つで構成されています。

ひとつは、室内外機をつなぐ冷媒配管。
銅管がそれに当たり、密閉された配管内をフロンガスが流れます。

もうひとつは、エアコン排水のためのドレン配管。
グレー色の塩化ビニル管やジャバラのホースが使用されるケースが多く、
主に室内機と接続し、末端部分は開放してあります。

冷媒配管は両端がエアコンに接続された状態なので心配ないのですが、
ドレン配管は末端が大気に開放されていますので、
ヘドロなどによる汚れでつまってしまうことも…。
それが原因で室内機から水漏れすることだってあるんですわ。

ですから、ドレン配管だけは末端部分を気にしとかなあきまへんで!
もし汚れやつまりが見受けられるようなら、必ず掃除をすること。

この掃除で、
サービスマンが対応することがありますが、タダではありません。
しかし、あなたが対応してくだされば、ムダな費用がかかりません。
ドレン配管は定期的にチェックして、
エアコンをベストコンディションでお使いいただきたいものです。

㈱京都設備のホームページはコチラからおこしやす!

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸のソーシャルメディア

facebook
Facebook

倉本和幸プロのその他のコンテンツ