まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

空調設備を生かすか?活かすか?

今年の夏の関西における電力供給の問題に注目が集まっています。
お客様のところで話をお伺いしていると、
省エネに向けた積極的な設備投資をしようとする動きは少ないように思います。
従って、既存設備に何とかムチ打ってもたせたいというのが本音でしょう。

空調設備のご要望には、2つの「いかす」対応が必要です。

まずは「生かす」。
現状の設備を生かすために、保守点検や異常時の修理や整備によって
維持管理に対応していくことです。

そして「活かす」。
節電可能な省エネやエコに対する前向きな投資の中で、
既存設備のリニューアル工事を行うことです。

ウチの会社ではもちろんどちらでも対応するのですが…。

景気もなかなか好転の兆しが感じられず、設備投資の意欲すら失せるのは確かです。
しかし、このまま引き締め続けるだけでは前向きなチカラは生まれません。
正直しんどくないですか?

私は最近、会社で前向きなちょこちょこ投資をしましたが、
意外といい効果があることに気づかされました。
「生かす」も「活かす」もあなた次第です。
どうせ同じお金をつかうなら、思い切って「活かす」ことにつかってみたらどないです?
先を見据えたら、きっとええことありまっせ!

㈱京都設備のホームページはコチラからおこしやす!

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸プロのその他のコンテンツ