まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

【こ】~エアコン動かないときの対処の句

空調かるた

2011年12月10日

~こんせんと 抜いて差したら すぐ正常~

エアコンの使い始めの時期に、
「運転ボタンを押しても、エアコンが動かないんやけど…」と
お問い合わせいただくことがあります。

私がまず確認をお願いするのは、電源が入っているかということ。
この場合、室内機の運転ランプなどが全くつかず、
ワイヤードリモコンであれば液晶表示が消えたままの状態になります。
シーズン終了時に電源のブレーカーを落とされているのを忘れている人が
たまにいてはりますのでご注意を!

しかし、電源が入っているのに動かないときはどうするかです。
この場合にお願いするのが、電源リセットをかけてもらうこと。
コンセントであれば一度抜いていただき、3~5分経ってから再度差してみてください。
また、ブレーカーであれば一度落としていただき、コンセント同様の時間が経ってから
再度ブレーカースイッチを入れてみてください。

これで、エアコンの運転スイッチを入れてください。
ちゃんと動けば、とりあえず問題はないと思います。
というのも、エアコンの制御上の誤作動によって
このようになってしまうことがあるんです。
電源リセットは、この誤作動をリセットするのに有効な方法なんです。
エアコン使い始めのシーズンになると、誤作動を起こすことがたまにあるんですわ。

ですから、みなさん!
エアコンのスイッチを入れたら運転しないからといって不安にならんといてくださいね。
今回の句のように電源リセットで正常運転。
このことを知っておいてもらえれば、安心なんとちゃいますか?

おこしやす!㈱京都設備のHPへ

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸プロのその他のコンテンツ