まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

つけ麺屋に学ぶべき空調屋のサービス精神

先週、東京に出張していたのですが、
東京に行くとよく訪れるつけ麺屋さんがあります。
それは、池袋の「狸穴(まみあな)」です。
よく利用するホテルからほどよい近さなので、
ココでは私の定番~特製つけ麺・特盛~をガッツリ食べます。
つけ麺激戦区の池袋の中の人気店なので、
私が行く時間帯にはいつもお客さんが並んでいます。
私は正直並ぶのは嫌いなタイプですが、この店で並ぶ抵抗感はありません。

なぜ私がこの店に行くのかというと、
つけ麺がおいしいのはいうまでもありませんが、店員さんの対応に好感がもてるからなんです。
店内は全てカウンター席で、席の数も店員さんもけっして多くありません。
それでなくても忙しいお店なのに、並んでいるお客さんへの配慮。
また、やっと席に座れたお客さんへの「おまたせしました」という気持ちの表しかた。
そして、食べ終わり席を立つお客さん一人ひとりに「ありがとうございました」の声がけ。
これらのサービス精神は、ほんまに心地いい。
その心地よさがつけ麺の味をより一層引き立てているような感じがして、
「また、いこう」と思ってしまうんですわ。
そこに人気の秘密があるのかもしれませんね。

私もある意味、空調を通じて心地よさを提供する仕事をしています。
空調設備で心地よさをつくることとお客様への情熱サービスで
期待に応えようと考えていますが、
サービス精神では東京の人気つけ麺店にいつも刺激を受けざるをえません。
それだけ共感を覚えます。
私も会社のスタッフも建設業ではありますが、
サービス精神もしっかりもちながら、
空気とお客様の気持ちの両方を心地よくしていきたいものです。

<追伸>
今回の出張の帰りにもう一軒、東京駅にある超人気店「六厘舎TOKYO」のつけ麺も、
大行列に根性で並び初めて食べましたが、ココもやはり味とサービス精神に満足。
異業種ながら「やっぱり人気店には学ぶべきところが多いな~」と感じました。

おこしやす!㈱京都設備のHPへ

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸のソーシャルメディア

facebook
Facebook

倉本和幸プロのその他のコンテンツ