まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
倉本和幸

空調設備に情熱を注ぐプロ

倉本和幸(くらもとかずゆき)

株式会社京都設備

コラム

エアコンが室温を感知するところは

空調運転の疑問、一答涼暖!

2011年7月26日 / 2014年7月3日更新

「エアコンの設定温度は28℃」とよく言われますが、
エアコン本体が室温を感知するところをご存知の方は
少ないのではないでしょうか。

一般的に、2つに分けることができます。

まずはエアコンの吸込口付近。
わかりやすく言うと、
室内機でフィルターがついている部分です。



上の写真は、壁掛型エアコンの正面を開けて
フィルターをはずしたときのものです。
格子状の中をよく見てもらうと、
黒く細長い線みたいなやつが入っていますよね。
実は、これが温度センサー。
ここで室温を感知しているんです。

室内機にはいろんな形状の機種がございますが、
吸込口付近で感知するものがほとんどであると思います。

もうひとつは、ワイヤードリモコンです。



写真をご覧いただくと、リモコンの側面が
格子みたいになっているところがあります。
この中に温度センサーが組み込まれており、
室内機側かリモコン側かを選択設定することで
室温を測っています。
業務用エアコンに多いケースです。

温度センサーから得られる情報によって、
エアコンは運転していますので、フィルターなどが
汚れていたら冷房も効果的ではありません。

室温を感知する場所をご理解いただくことで、
効率の良い冷房運転をしてくださいね!


◆◆おこしやす!㈱京都設備のHPへ◆◆
http://www.kyoto-setsubi.co.jp/

◆◆エアコンの節電効果を上げる方法◆◆
http://saisei.mbp-japan.com/saisei40.html

この記事を書いたプロ

倉本和幸

倉本和幸(くらもとかずゆき)

倉本和幸プロのその他のコンテンツ

Share

倉本和幸のソーシャルメディア

facebook
Facebook

倉本和幸プロのその他のコンテンツ