まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
門永美保

外国人留学生の日本でのキャリアを支援するプロ

門永美保(かどながみほ)

京都キャリア ディベロップメントセンター

お電話での
お問い合わせ
050-3474-1615

コラム

留学生と自己分析(1)

留学生 就職 採用

2018年1月25日 / 2018年1月29日更新

なぜ、「自己分析が足りない」と言っている人にウンザリしているのか?

そもそも、就職活動は企業から内定をもらうことが目的ではなく、ワークキャリアをスタートさせることが目的と考えています。
それなのに、「自己分析」至上主義だと、自分の長所を言えなかったり、応募する企業が見つけられないと就職できない、つまり、内定がゴールと考えているのかなと思えるんです。
確かに、自分はどんな人間で、どんなことに興味や関心があるのかを言語化するには、過去を振り返り、未来をみすえて、現在の自分を知ることは必要です。まあ、それが「自己分析」なんだという声が聞こえてきそうですが。
まずは、香川めい『「自己分析」を分析する』(苅谷・本田編 2010)を参考に、「自己分析」至上主義は何が問題なのかを明らかにしたいと思います。

「自己分析」が出現したのは?

バブル経済が崩壊したあとの就職氷河期に出現したらしい。
それ以前にも、企業の採用は学歴重視から人柄重視へと考えられつつあったので、自分の人柄を応募書類や面接で主張することがあったようだ。
就職氷河期は、企業から選ばれる人材を分析して、自分自身の中から見つけだしてエピソードを作りあげるためのものだった。
その後、「やりたいこと」や「なりたいこと」の探索のために必要と考えられるようになり、現在も続いている。

何が問題か?

「やりたいこと」や「なりたいこと」がないと、これからの人生真っ暗というような強迫観念に囚われる。
「やりたいこと」や「なりたいこと」にこだわり過ぎて、「とにかく、やってみる」ことが出来なくなる。
自分にピッタリ合った理想の仕事が、この世の中にあたかも存在していて、探せば必ず見つかるというような錯覚に陥る。

最低限、「自分はどんな人間」を言語化するは必要です。しかし、完璧に「やりたいこと」や「なりたいこと」の計画を立てる必要はないと考えています。
〈参考文献〉
香川めい,2010「『自己分析』を分析する」苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学』東京大学出版会.

京都キャリアディベロップメントセンター
アドバイスの流れ
お問い合わせ

この記事を書いたプロ

門永美保

門永美保(かどながみほ)

門永美保プロのその他のコンテンツ

Share

門永美保プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-3474-1615

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

門永美保

京都キャリア ディベロップメントセンター

担当門永美保(かどながみほ)

地図・アクセス

門永美保プロのその他のコンテンツ