まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
木村文俊

自らが考え、行動ができる人材を育てるプロ

木村文俊(きむらふみとし)

向塾

コラム

巣立った塾生からの言葉・・・向塾は『自分自身を知ることができる、わたくし再発見所』

2015年4月1日

向塾は私にとって、自分自身について知ることができた、いわば「わたくし再発見所」でした!「自分自身を知る」というのは、自身の良さや強み、その反対に、改善すべき所や弱み、そして何より、自身さえ気付いていない隠れた魅力を知るということです。



みなさんは、自分自身とどれだけ向き合うことができていますか?毎日、サークルの友達や飲み仲間と時間過ごす中で、その友人のことを知ることは、ある意味自然にできることでしょう。でも、自分自身について考えたり分析したりする機会というのは、なかなか持てていないのではないかなと思います(持つことができている人がいたら、すみません!笑)。私も今の皆さんと同様に、向塾で活動するまでは自分自身と向き合うことができていませんでした。



では、向塾でどのようにして、自分自身について知ることができるのでしょうか。その発見の仕方は主に3つあると思います。

自分自身について知る方法:体験



まず1つ目に、体験したことのないことに挑戦することです。向塾では、みなさんが「やってみたいけど、あと一歩が踏み出せない」「失敗するのが怖い」と思って、なかなか挑戦する勇気が出ないことに、挑戦させてくれる環境があります。向塾の仲間や理事長の木村さんと話し合いを進めながら、プロジェクトを実施する中で、失敗や成功という経験を通して、自らの魅力や足りない部分が明らかになります。




自分自身についは知る方法:出会い



そして2つ目に、出会ったことのない様々な魅力を持った人に出会うことです。向塾では、気の合う仲間だけではなく、年齢が大きく離れた人や、全く違う考え方を持った人たちと意見を交わすことができ、その議論の中で、自らの考え方の未熟さ、または、人よりも長けていることに気付くことができます。

自分自身について知る方法:語る場



最後3つ目は、自分自身の思いについて語る場を持つことです。日常生活の中で、自分自身に秘めた熱い思いや将来の不安について、人前でプレゼンテーションをする機会はあまりないと思います。向塾では、人にそれらを伝え、レスポンスをもらう機会があるため、みなさんが持つ「思い」を明確にできたり、新たな「思い」を持ったりすることができます。






ここまで、長文を書いてきましたが、このように書くのは、私が向塾に出会えて心から良かったと思うからです。この文章を読んでいる人の中に、「私の強みってなんだろう」「学生生活で俺は何が変わったんだろう」「やりたいことが見つからない」というような悩みを感じている人がいるなら、一度向塾に足を運んで、木村さんと話をしてみてください!きっと、みなさんの知らない、「新しいみなさん」に会うことができますよ(^O^)


向塾HP
http://koujuku.jp/

この記事を書いたプロ

木村文俊

木村文俊(きむらふみとし)

木村文俊プロのその他のコンテンツ

Share