まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
木村文俊

自らが考え、行動ができる人材を育てるプロ

木村文俊(きむらふみとし)

向塾

コラム

~鯖寿司~

2010年12月28日 / 2012年1月5日更新




大学の卒論。テーマは鯖寿司。鯖寿司の今後を考察することであった。

卒論といっても苦しんだ覚えが一切ない。


経済学部なのに、鯖寿司の研究。

そして、卒論を仕上げるのに二人で一本。
更に、原稿用紙三十枚。当時、他のゼミや学部は五十枚ほどだったのではと記憶している。

担当の教授からは、教授会と凄くもめたと聞いた。

そこまでして、何故ゼミ生にこの課題を出したのか。

今はよく理解しているつもり。
今、生きておられたら再度教えていただきたい。


卒論で僕たちがすこし自慢できること。
それは、書き記したことに参考文献の引用は一切ないということ。


どういう事かというと。

小浜の漁港へ行き、鯖街道を調べ、畑仕事をしているおじさん、神主さん、寿司屋の大将、様々な方に話を伺った。


現場で学ぶ大切さを教わった。


机上論では説明できないことが、現場で起こっている。

わが師と呼べる人との出会いに感謝するばかり。


前の話しになるが、踊る大捜査線で青島刑事が言った言葉。

「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ」

非常に感銘を受けた。

流行語にもなった。

しかし、これは流行語ではなく、基礎知識として学ぶべきことであろう。



■■■■┃★┃関連コラム┃★┃■■■■
~学ぶ~
http://mbp-kyoto.com/koujuku/column/20/
~教育の待ち受け画面~
http://mbp-kyoto.com/koujuku/column/565/
~知ってもらいたい就活の話~
http://mbp-kyoto.com/koujuku/column/2125/


■■■■┃★┃塾生はどうして力をつけるのか┃★┃■■■■
【前編】塾生プロジェクト「京のゆび」と向塾。
http://www.youtube.com/watch?v=jjMYLbGB4wg
【後編】塾生プロジェクト「京のゆび」とは。
http://www.youtube.com/watch?v=eb-3bOCFepw
※学生研究発表会in大阪電気通信大学 からの映像


■■■■┃★┃向塾HP┃★┃■■■■
塾生ブログや講師コラム、TOPICSで『今』の向塾を伝えています。
http://koujuku.jp/

この記事を書いたプロ

木村文俊

木村文俊(きむらふみとし)

木村文俊プロのその他のコンテンツ

Share