まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小泉達治

京都の街に貢献するデザインのプロ

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

コラム

デザインを発注した時、具体的にどんな感じで仕事が進んで行くのでしょう

デザイン会社に発注するときのためらい

デザイン会社へデザインを発注するというのはなかなかハードルが高いとお考えの方がたくさんいらっしゃいます。具体的には
●料金はどのくらいだろうか
●納期はどれくらいかかるのだろうか
●希望するデザインが上がってくるのだろうか
●そもそも依頼を受けてもらえるのだろうか
●どんな風に発注したら良いのだろうか
●何から話して良いのかわからない
●どんなデザイナーが担当するのだろう
というようなことではないでしょうか。
何度もご一緒させていただいているクライアントなら問題ありませんが、初めて依頼するとなるとこのような不安があるのも当然です。

デザイン会社自体の説明不足

世の中に公開されているデザイン会社のホームページをみるとクールで素敵なデザインに仕上がっていますが、クライアントが持つこのような不安に対してきちんと説明できているところはほとんど見受けられません。価格についてはメニュー表を掲載しているところもありますが、本来デザインというものは様々な条件の中で進められていくものですから、メニュー表があってもその通り行くかどうかという不安が残ります。
それは納期についても同じことで、案件によって差が出るのが当然です。
ましてや依頼したい仕事がどんな風に上がってくるのか、そしてどんな進行の仕方をするのか、どんなデザイナーが担当してくれるのか、何をどう説明すれば良いのか、そういう大事なことがわからないところがほとんどです。

実際の仕事を進行に合わせて説明

そこでコイズミデザインファクトリーでは実際の案件が、どのように進行していったかを受注から完成まで説明し、クライアントの要望やこちら側からの提案内容など詳細に説明するページを設けることにいたしました。
もちろん案件ごとに状況は違いますが、ご相談いただく際に参考にしていただけると思います。
特に、何をどう相談して良いかわからないとか、漠然としていてどんな風に依頼したら良いかがわからないという方には読んでいただきたいと思います。

具体的な進行を説明する「Work Flow」

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

小泉達治

小泉達治(こいずみたつじ)

小泉達治プロのその他のコンテンツ

Share