まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小泉達治

京都の街に貢献するデザインのプロ

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

コラム

デザイナーになるには 8

5 できるだけデザインの現場に近い教育者がいるところを選ぶ。


これは非常に大事なことです。
デザインというものは年々変貌し、新しいテクニックや考え方、トレンドの流れ、そしてソフトやハードの進化などさまざまな変化を見せます。その変化に取り残された教育者についても時代遅れの考え方を学んでしまうだけで貴重な時間と学費の無駄遣いになってしまいます。

大学や専門学校の学校案内などには、あたかも素晴らしい実績のある教授陣がそろっているかのような説明が成されていますが、デザイン教育に関していえば、正直古い肩書きはどうでも良いのです。

それよりも今現在も含め、長期間デザインビジネスの世界に十分対応できている教育者がいる学校を選ぶべきです。そうでなければ時代遅れのデザイン学問を学ばされるだけになってしまいます。
それは会話のできない英語を学ぶようなもので、実際の現場で何の役にも立たない人材になりかねません。

もちろん不変のデザイン概念というものを学ぶ必要性が高いのはいうまでもありませんが、そういうことを教えてくれる教育者は得てしてどこの学校でもだいたいはいるものです。

本を読めば書いてあるデザイン学問はどこの教育機関でも本人の努力次第でいくらでも学べます。
それよりも生きたデザイン論を持つ教育者がいるかどうか、ここが重要です。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

小泉達治

小泉達治(こいずみたつじ)

小泉達治プロのその他のコンテンツ

Share