まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小泉達治

京都の街に貢献するデザインのプロ

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

コラム

企業の広告 2

広告はまず何から行うか

企業にとっての広告はまず何から行うべきでしょうか。
私は考え方として「媒体の順序」「金額の順序」「理念の順序」という3つの分け方ができると思っています。
闇雲に予算の範囲で手当たり次第に広告を打つような非効率的なことをされている企業はないと思いますが、年間の広告予算を少しでも効率的に活用するためにしっかりと考えておく必要があります。
特に最近は、従来のアナログな媒体にくわえ、インターネットを利用したデジタルによる広告も重要な手段となっていますので、余計に今までよりもシビアな広告計画が必要です。
少しくらい安い枠が空いたからといって、効果の低い広告を出してもお金をどぶに捨てているようなもの。
企業の広告は、その企業のみんなで稼いだお金をつぎ込むわけですから、担当者はいいかげんな方法論で使ってしまうというのは避けたいところです。

次回から3つの項目ごとに書いていきたいと思います。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

小泉達治

小泉達治(こいずみたつじ)

小泉達治プロのその他のコンテンツ

Share