まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小泉達治

京都の街に貢献するデザインのプロ

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

コラム

淘汰されない側に

世の中まさに2極化。新聞やテレビのニュースでは連日気が重くなるニュースと景気の良いニュースが混在しています。

こんな世の中でも、安定した業種というのがあるのかどうかは知りませんが、比較的対応しやすい業種ともろに影響を受ける業種というのはあるように思います。

例えば自動車や家電メーカー。
こういったところは、景気が悪くなったり、価格競争が激しくなったからといって、会社の数自体は減ることがほとんどありませんし、会社自体の数も限られているので、販売実績が下がるともろに影響を受けます。
大手銀行や百貨店も同じこと。

ところが会社(事業所)自体の数が元々たくさんあって、中小企業の割合が高い印刷業やアパレル、私たちデザイン業といった業種は、景気が悪化して仕事が減少すると、その分持ちこたえることができなくて淘汰されていくところがどんどん出てくるので、生き残った会社にとっては、それほど受注が減らない、もしくは増えるという現象が起こります。

つまり、こういった会社(事業所)の数が多く、中小企業の割合が高い業種は、こんな不況時こそ淘汰されない方にさえいれば、まったく持って心配することはないということです。
それどころか、チャンスととらえるべきでしょう。

ただ、問題はどうやって淘汰されない側にいるかということです。
それには、こうすれば・・・というような決まった方法などありません。

こういう不安定な時期にこそ、普段からの経営努力というのがものをいいます。
単純に価格を落としたり、納期を詰めても悪循環に巻き込まれるだけです。

こんな時期にこそこの事務所に仕事を発注したいと思わせる何かがあるかどうか、そこにかかっています。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

小泉達治

小泉達治(こいずみたつじ)

小泉達治プロのその他のコンテンツ

Share