まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小泉達治

京都の街に貢献するデザインのプロ

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

コラム

デザイナー1人あたりの売上

小泉のデザインに関する考え方

2013年7月5日 / 2018年4月26日更新

経済産業省の特定サ−ビス産業実態調査報告 第3弾です。

京都で仕事をするデザイナーにとっては相当衝撃的な数字です。
デザイナー1人あたりの売上高全国平均と都道府県別平均の数字です。
何となく都市部は高くて、地方は低いのではないか、という想像をしてしまいがちですが、あたっている面と意外な面が統計から見えてきます。

まず全国の平均。
調査対象のデザイン事業所 7,212
事業従事者 30,907
年間売上高 307,475(百万円)

ということは1人あたりの売上高は約995万円。
まずこの数字を見て京都在住のデザイナーはどうお考えでしょうか。

同じように主な都道府県別に平均を出してみました。

東京都 1,161万円
大阪府 1,030万円
北海道 696万円
福島県 615万円
千葉県 694万円
富山県 682万円
滋賀県 723万円
兵庫県 917万円
和歌山県 1,078万円
岡山県 894万円
広島県 729万円
香川県 647万円
福岡県 936万円
宮崎県 748万円
沖縄県 531万円
と、なっています。

そして我が京都は
調査対象のデザイン事業所 192
事業従事者 745
年間売上高 5,205(百万円)

ということで 699万円となっています。
1事業所あたりでは平均人数 3.88人ですから
1事業所あたりの平均売上は2,711万円

つまり、岡山や広島、和歌山、宮崎、滋賀といったところよりも低い数字となっています。
北海道や千葉とほぼ同額。

この数字をどうとらえるか・・・・。

1事業所あたりの人数は全国平均で4.29人であるところから考えると、京都の事務所は小規模のところが多いといえます。実際小規模であればあるほどひとりあたりの売上というのは多くなるようにも思いますが、それでも京都はこの数字です。

京都在住のデザイナー諸氏、この数字をどうとらえ、どう対処いたしますか???

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

小泉達治

小泉達治(こいずみたつじ)

小泉達治プロのその他のコンテンツ

Share