まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小泉達治

京都の街に貢献するデザインのプロ

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

コラム

京都は新しい人材の宝庫

小泉のデザインに関する考え方

2011年12月20日 / 2012年2月3日更新

ご存じの方も多いことかと思いますが、京都は街の大きさに対して美術系やデザイン系の教育機関が極めて多い土地柄です。
正確な数字はわかりませんが、人工に対するデザイン系の学生比率は、おそらく東京並みかひょっとするとそれ以上かもしれません。
近隣の地域からも京都の大学や専門学校を目指して、大きな夢を持った若人が集まってくるのです。

私の事務所にもインターンシップ生として毎年数名の学生がやってきますが、出身地も実に多彩。
最遠方は鹿児島県と秋田県。どちらが遠いかもわからないくらい遠いところです。
他にも長野県、鳥取県、島根県、静岡県、香川県など。

そういった学生たちに「なぜ、大阪や東京ではなく京都を選んだのか?」という質問を投げかけると、決まって「京都という土地で勉強したかったから」という答えが返ってきます。
それほど京都にはまだまだブランド力が残っているのだなとつくづく感じます。

やはりデザインビジネスの中心は圧倒的に東京ですし、関西では大阪です。
それでもデザインの世界にあこがれる学生が毎年1200名あまりも京都にやってきて勉強するのです。

そんな豊富な人材をみすみす見逃す手はありません。
京都の企業はその優位性に気づいていないようですが、これほど有利に優れた人材を確保できる土地は他にはないのです。

ぜひ、もっと京都で勉強した優秀な人材を登用して欲しいものです。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

小泉達治

小泉達治(こいずみたつじ)

小泉達治プロのその他のコンテンツ

Share