まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
小泉達治

京都の街に貢献するデザインのプロ

小泉達治(こいずみたつじ)

有限会社コイズミデザインファクトリー

コラム

京都にはいったいどれくらいのデザイナーがいるのでしょう?

京都にはいったいどのくらいのデザイナーがいるのでしょう。
もちろんはっきりとした統計はありません。

デザイナーといってもさまざまなジャンルがありますので、すべてのジャンルを含めるとまったく想像もつきません。
しかも同じジャンルでもどこからがデザイナーで、どこからがディレクターなのか、そのディレクターもデザインのできる人なのかそうでないのか、また、ややこしいことに営業企画なる職種もあったりしますので、デザイナーという職種自体の線引きもはっきりしません。

しかも京都には伝統産業である友禅や清水焼といったといった工芸品のデザイナーも数多くいるはずですからまったく訳がわかりません。

かなり的を絞ってグラフィックデザイナーというジャンルに絞ったとしても、事務所の数ですら見当がつかないうえ、印刷会社や広告代理店内にも社員デザイナーがたくさんいます。

フリーの場合は、それでビジネスとして成り立っているのかどうかということまで加味すると、何千人、いやぴょっとすると何万人?
京都市の人口が約147万人ですからグラフィックデザイナーが147人に1人もいないと思いますので、おそらく1万人はいないでしょう。
300人に1人で5千人。ん・・・・・・・、そのくらいでしょうか・・・・。

よく、デザイナーの平均的な収入が話題になったりしますが、だいたいの人数もわからないのに、平均的な収入などわかるわけがありませんね。

コイズミデザインファクトリーへのご相談はこちらまで

商品企画、ブランディングからグラフィックデザイン、WEBサイト制作までビジネスに必要なデザインのことならなんなりとご相談ください。
コイズミデザインファクトリーのオフィシャルホームページ

この記事を書いたプロ

小泉達治

小泉達治(こいずみたつじ)

小泉達治プロのその他のコンテンツ

Share