マイベストプロ京都
石蔵友紅子

女性の心身の健康・お悩みを漢方で解決するプロ

石蔵友紅子(いしくらとくこ)

女性のための漢方相談薬店「漢方錦」

コラム

風邪に使う漢方薬の使い方と注意点④

2021年1月12日

テーマ:季節の健康情報

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 東洋医学漢方薬 効果

漢方薬の風邪薬4回目。

ちょっとおさらい。

「葛根湯」は

普段は、日常は健康な人が、冷たい風にあたったり、寒い環境にいたために

「風邪」(ふうじゃ)が体表部に取り付いた。

そのうえ水のような鼻水が出たら「小青龍湯」

風邪に使う漢方薬の使い方と注意点①


普段から胃腸が弱く、体質的にはそれほど強くない人には

「柴胡桂枝湯」
風邪に使う漢方薬の使い方と注意点②

それでもここまでは比較的元気な人です。

________________________________________________


虚弱な人やご年配の方でも安心な漢方薬の風邪薬があるのですが

普通のお店やドラッグストアでは売っていません。ですから

漢方薬を専門に扱うお店に相談してほしいです。

私は、漢方療法推進会、小太郎漢方匙倶楽部の会員です。


では、普段丈夫ではない人とはどんな人か、というと

●「脾」「肺」の「気」の不足している人。(ご老人や幼児も服用可能)

疲れやすい、元気がない、食は細い。

風邪を引いたかなと思うとすぐに水鼻がずるずる出る人

鼻が詰まる(鼻閉)(肺の気が弱いから)

風邪を引きやすき、また風邪を引くと治りにくい。

痰が出やすい

風邪を引くと軽度の悪寒や発熱がある。


●「腎」の「陽」の不足している人

普段から寒がり、他の人が寒くない時でも寒いという人、めまいや四肢の冷え性のある人。

体のだるさが常にある人。すぐに横になりたがる人。いつも眠たい人。

風邪を引いた時の症状は葛根湯と似ていますが、葛根湯の合う人は

体がだるいとかいつも眠たいとか、めまいがするとか、寒がりだとは言いません。

ここがポイントです。

私はこの「腎陽不足」の体質なので、いつもこの漢方薬を常備しています。



★「脾肺気虚」の人、「腎陽虚」の人に合う風邪薬がよさそうだと思う人は

ぜひ「マイベストプロを見た」とお問い合わせください。

体質をお伺いしたうえで、常備できる漢方薬を処方いたします。

風邪の時の漢方薬を選ぶ場合は相談料はいただきません。

(慢性疾患のご相談は初回のみ5,000円税込です)

この記事を書いたプロ

石蔵友紅子

女性の心身の健康・お悩みを漢方で解決するプロ

石蔵友紅子(女性のための漢方相談薬店「漢方錦」)

Share

関連するコラム

石蔵友紅子プロのコンテンツ