マイベストプロ京都
石蔵友紅子

女性の心身の健康・お悩みを漢方で解決するプロ

石蔵友紅子(いしくらとくこ)

女性のための漢方相談薬店「漢方錦」

コラム

女性の皮膚病、夏に多い紫外線過敏性皮膚炎を漢方薬で治す

2020年7月27日 公開 / 2020年8月14日更新

テーマ:漢方薬が良く効く更年期女性に多い病気

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 東洋医学漢方薬 効果

今日は夏に多い紫外線過敏性皮膚炎について、です。

夏になると、顔、手、背中、デコルテなど光に当たる部分に発疹が現われるかたがいらっしゃいます。

人目に付く場所に出来るので女性としてはきちんと治したいと思うのではないでしょうか。

紫外線過敏性皮膚炎になりやすい人は、手足が冷える、全身寒がり、どちらかと言えば冷える、冷え性かな、といった

体を温める働きが虚している体質の人、陽虚(ようきょ)の体質の人がなりやすいです。

「陽」とは、体温を上げたり、温めたりするエネルギーのことです。

その他、甘い物、果物、脂っこい物、お酒を良く摂る人は体内に熱を持ちやすいので

紫外線過敏性皮膚炎になりやすいです。

私のお店では、自分の体質に良くない食べ物、逆に必要な食べ物をちゃんとお伝えしますので

食生活の改善もできますよ。


漢方薬の治療とは、病気を治すのではなく、体質を治すことに優れているのが特徴です。

ですから1ヶ月~2か月程度試してみるといった考え方の方には向いていないと思います。

この紫外線過敏性皮膚炎も春から秋にかけて最低で6~7か月の継続が必要です。

食生活の改善にしても、漢方薬を飲みながら体質改善するにしても

「自分がどんな風になりたいのか。」を考えててみることが重要です。

例えば、いつも元気で明るい人、なのか

肌や髪がきれいな人と言われたいのか

いつも他人に対して気遣いのできる人、なのか

大人の女性の余裕のある人、なのか

女性らしい優しさや知性のある人なのか

(どれを取ってみても、不健康なイメージはない気がします。)

自分一人では決められない、という方は、自分の方向性を考えるためのメニューもあります。



★きちんと体質改善できればこんな良いことがあるでしょう。

〇最近肌がきれいになったね、と言われるでしょう。

〇冷えも改善されるので顔色も良くなりくすみもなくなるでしょう

〇食生活の見直しをし、体の中から健康に美しくなる方法がわかるでしょう。


漢方錦ホームページブログでは紫外線過敏性皮膚炎の漢方薬による治療方法についてかいています。
一緒に読んでください。
↓↓↓
更年期以降おこりやすい病気皮膚病②紫外線過敏性皮膚炎

この記事を書いたプロ

石蔵友紅子

女性の心身の健康・お悩みを漢方で解決するプロ

石蔵友紅子(女性のための漢方相談薬店「漢方錦」)

Share

関連するコラム

石蔵友紅子プロのコンテンツ