まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
佐川朋行

住宅ローン返済ができなくなったときに、解決方法を提案するプロ

佐川朋行(さがわともゆき)

株式会社名鉄

お電話での
お問い合わせ
0120-83-0033

佐川朋行プロのコラム一覧:よくある質問

個人信用情報(通称 ブラックリスト)に載ることがほとんどです。しかし、個人情報に載らないケースもあります。ここでは、個人情報に載るケースをお話しします。任意売却をされる方のほとんどが、滞納してから任意売却という選択肢で解決されます。その際、延滞の記録がなされる...

自己破産=すべての借入金免除と思っている方も多いでしょうが注意が必要です。自己破産の手続きにおいては、すべての借金が免除されるのが一般的ですが、例外として免責されないものもあります。自己破産をしても免責の対象とならないものを「非免責債権」といいます。子どもさんへの養...

利息とは残元金に対して一定の率でかかってくるお金を借りる事の対価のようなものです。遅延損害金も一定の率でかかってきますが、こちらは損害賠償金にあたります。遅延損害金は、住宅ローンの返済日が過ぎると、返済日が過ぎてしまった金額について発生します。多くの場合で遅延損害金は...

競売で処分されたからと言って、ローンが無くなるわけではありません。競売後、返済がなされない場合には給与差押え等の強硬な手段で返済を迫られる場合もあります。他にも不動産を持っている場合は、その不動産も競売にかけてきます。完済するまでは強硬手段で請求してくる可能性がありま...

自宅を守りながら、借入金を減額できる(住宅ローン以外の借入金のみ)個人民事再生は、住宅ローンを組んでいる方には大変魅力的な制度ですね。但し、個人民事再生をするには一定の条件を満たす必要があります。個人民事再生が出来る人は、簡単にいうと「反復継続した収入がある人」です。...

任意売却を検討されている方は、残ったローンはどうなるのか気になると思います。毎月支払うのに無理のない金額(例 1万円など)で応じてもらうことがほとんどです。任意売却する前後で借入先と残る住宅ローンの支払方法について相談することになります。その際、現実に毎月無理...

まれにですが、「競売になっても、家を売却しそれで返済して取り下げればいい」という方がいらっしゃいます。競売になるデメリットの一つとして、競売の費用を請求される可能性があるということが挙げられます。金融機関は競売の費用を債務者(お金を借りた人)に請求することができるためです...

住宅ローンを滞納してしまうと「求償権取得の通知」が来ることがあります。求償権とは、借入金を債務者に代わりに返済した場合、本来支払うべき本人に対して、立て替えた分の返還請求を求める権利の事です。住宅ローンなどの返済が滞り、ローン保証会社などが借りた人の代わりに返済した場...

競売についていろいろな「うわさ」があり本当のところはどうなのか気になる方も多いのではないでしょうか。競売になった不動産の情報はインターネットで見ることができるようになっています。競売の参加者(競売で購入する人)を少しでも多くするためです。もちろん、所有者の名前はわから...

任意売却を依頼した場合、必要な報酬は仲介手数料のみです。つまり、法律で定められている「売却金額の3%+60,000円+消費税」となります。しかし、この手数料はあなたが負担する必要はありません。任意売却では、買主から支払われる売買代金が、債権者(借入先)に返済されることと...

借入金をするときはいろいろな事情があると思います。注意していただきたいのですが、自己破産の場合、ギャンブルや浪費が原因の借入金は免除にならないことがあります。一方で任意整理の場合は借入金の原因が問題になることはありません。任意整理は法律で定められた手続きによるものでは...

最近では離婚した方から相談をいただくことが増えています。共有で自宅を購入し、住宅ローンを二人で借りたものの離婚し別居するので、名義を夫又は妻だけにしたいと思っても困難です。もちろん方法はありますが、条件は厳しいです。その方法として、残りのローンを全額支払う必要があり...

連帯保証人としての責任も相続人に引き継がれます。亡くなられた身内の方が、誰かの「連帯保証」をしている場合には、その保証債務についても相続の対象となりますもし、亡くなられた方が財産をほとんど残しておらず、連帯保証人としての義務を果たすことが難しいようでしたら相続放棄をす...

ほとんどのマンションに管理規約に旧所有者の滞納した管理費・修繕積立金は新所有者が支払わなければならないという決まりがあります。つまり、買主があなたの代わりに滞納金を支払うことになるということです。。従って、滞納したままの状態で購入してくれる人はいないでしょう。そのた...

裁判所は競売を行うために不動産の現状を調査し、評価をします。競売での金額の基準を提示したり、入札を検討する人のためにお家の写真を撮影したりするためです。この際、執行官という人と不動産鑑定士が調査に来ますが、裁判所が指定した期日に所有者がいない場合、勝手に鍵を開け、中に...

佐川朋行プロのその他のコンテンツ

Share

佐川朋行プロのその他のコンテンツ