まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
佐川朋行

住宅ローン返済ができなくなったときに、解決方法を提案するプロ

佐川朋行(さがわともゆき)

株式会社名鉄

お電話での
お問い合わせ
0120-83-0033

コラム

任意売却をしたら連帯保証人や子供は将来ローンを組めない?

任意売却による連帯保証人・子供への影響


万が一、住宅ローンを支払うことが困難になり任意売却を実施した場合、連帯保証人や子供へも少なからず影響があります。例えば、任意売却後も支払いが困難な状態が続く時には、連帯保証人が代わりにローンの支払いをしたり、今まで住んでいた住宅に住めなくなり子供へ迷惑がかかることもあるでしょう。

ただし、一般的には連帯保証人や子供が将来的にローンを組めなくなる恐れはありません。なぜなら、ブラックリストに掲載される、つまり支払い能力がないと判断されるのは、あくまで住宅ローンの契約主だけだからです。

そのため、仮に任意売却をしたからといって連帯保証人や、契約者の子供が将来的に住宅ローンを組めなくなる可能性は少ないのです。

しかし、場合によっては連帯保証人もローンを組みにくくなることもあります。ここで、連帯保証人がローンを組めなくなるケースを見てみましょう。

保証人も住宅ローンを支払えないと、ブラックリストに載る


住宅ローン契約者が支払い困難になり、その請求先が連帯保証人に代わった場合、保証人はその請求通りにローンの支払いをする義務を負います。そして、この返済ができない場合は保証人も支払い能力がないと判断され、ブラックリストに掲載されてしまいます。この状態になると、将来的に連帯保証人が住宅ローンを組むことができなくなるのです。

また、この連帯保証人が子供になっていて同じ事態に陥れば、当然、この子供も将来的にローンを組めなくなります。このように住宅ローンの請求先が連帯保証人へと代わり、その時に返済ができない場合には、ローンが組めなくなるのです。

一方、連帯保証人であろうと次のケースに該当する場合には、ブラックリストに載ることはありません。

契約者か保証人が請求通りに支払いを行う


あくまでブラックリストに載る条件は、金融機関などの請求通りに、支払いができないことに当てはまる場合です。そのため、契約者もしくは保証人が任意売却後も請求通りの支払いをしていれば、ブラックリストに登録されることはないのです。

特に、任意売却後に契約者が支払いを続けていれば、連帯保証人に請求自体来ることはありません。そのため、仮に任意売却が行われたとして、必ずしも請求が来るわけではなく、将来的に絶対にローンが組めなくなるわけでもないのです。

こうしたことから、任意売却後に連帯保証人や子供がローンを組めなくなる可能性は、その後の対応によるので、連帯保証人になる際には注意をした方が良いでしょう。

この記事を書いたプロ

佐川朋行

佐川朋行(さがわともゆき)

佐川朋行プロのその他のコンテンツ

Share

佐川朋行プロのその他のコンテンツ