まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
佐川朋行

住宅ローン返済ができなくなったときに、解決方法を提案するプロ

佐川朋行(さがわともゆき)

株式会社名鉄

お電話での
お問い合わせ
0120-83-0033

佐川朋行プロのコラム一覧

 任意売却を専門とする業者、専門としない業者 不動産会社の中には、任意売却を「専門とする業者」と「専門としない業者」があります。専門業者に依頼すれば任意売却の成功確率は高まりますが、非専門業者に依頼すると交渉が難航し失敗する可能性もあります。そのため、依頼する際には専...

 家族への影響がかかる場合とは? 住宅ローンを滞納したことにより、任意売却や競売にかけることを決定した時には家族に何らかの影響が出ます。特に、ご家族に連帯保証人などの保証人がいる場合には、家族に多大な影響を及ぼす可能性があります。なぜなら、連帯保証人は、契約者が支払い...

 自己破産なら「住宅ローン滞納を解消できる」 住宅ローンの滞納や多重債務などをしてしまうと、債務整理をする方も多いはずです。この債務整理には任意整理や民事再生などのほか、自己破産も該当します。この自己破産とは、住宅ローンなどの借り入れの一切を帳消しに出来る制度です。しかし...

 債権者が複数いると任意売却交渉は複雑に 任意売却を検討しなければならない段階に至る理由として、住宅ローンを滞納しているケースがほとんどですが、そういった人の中には、住宅ローンだけではなく、税金やマンションの維持管理費も同時に滞納しているケースがしばしば見受けられます。...

 業者選びでは3社以上を比較検討する 任意売却を行う多くの場合、実際に競売にかけられることが「目の前に迫っている」というというように時間の猶予がない中でも業者選びは慎重に行う必要があります。なぜなら、選定する業者によって成功の可否が決まり、最終的に返済が楽になることへと...

 税金や健康保険料を滞納すると差押えを受ける 住民税や健康保険料の滞納を続けていると、差押えを受けることになります。この差押えとは、税金などの滞納者に対して、国家権力によって債務者が勝手に財産を処分できないようにすることをいいます。そして、差押えの対象となる財産は、自...

 任意売却では引越費用を確保できるのか? ローン契約者ご自身の住宅を販売する任意売却を行った場合、その一部を引越費用として確保できることがあります。この金額は、一般的に20万円~50万円程度となっています。そのため、競売では全く引越費用が出ないことを考えても、任意売却の方がメリ...

 普通の不動産業者で行うのは「販売活動だけ」 任意売却をする際には、どの不動産会社でも同じだと考える人もいるはずです。もちろん、専門業者も不動産会社であることには違いないですが、普通の不動産会社とは違った特徴があります。そのため、この点を認識していないと、いざ任意売却をし...

 金融機関が選ぶ仲介業者の方が良い 任意売却を決断した時に、最大の問題点は「どの不動産業者に依頼するか」という点でしょう。なぜなら、この選定を間違えると任意売却に失敗し、競売という最悪な事態に陥る可能性があるからです。そのため、不動産業者の選定は慎重に行うべきなのです。...

 連帯保証人がいる場合は事前に伝えておく必要がある 連帯保証人がいても任意売却は行えますが、連帯保証人に提出してもらう書類もあり、その事実を事前に伝えておく必要があります。また、しっかりと認識共有を行っていなかったために、後々にトラブルへと発展するケースが後を絶ちません。...

 競売とは「法的手続きによる、物件の売却」 住宅ローンの滞納が続くと、最終的には競売にかけられることになります。この競売とは、裁判所を通じて強制的に滞納者の物件を売却することをいいます。そのため、一連の手続きが事務的に処理されます。例えば、競売の場合の物件価格は通常の...

 競売と任意売却では、残債がどう違うのか? 競売にしろ、任意売却にしろ、大抵の場合は残債があるのが一般的です。これは不動産販売価格が住宅ローンよりも少ないことが理由となっています。ただし、競売と任意売却では残債、つまり売却後に支払うべきローンに大きな差が出ます。こうし...

 任意売却は債権者・債務者ともにメリットがある マイホームを購入しても、住宅ローンの滞納が続けば住宅を手放さなければなりません。この手放す方法は、「競売」と「任意売却」の2つがあります。そして、より大きいメリットを期待できるのが任意売却なのです。任意売却とは、一般の不動...

 任意売却の事実が、会社に知られることはない ローン返済不能に陥り自己破産を考えられる方もいらっしゃいますが、自己破産の場合、申請手続きのために会社に発行してもらわなければならない書類があります。そのため、会社に自己破産の事実を知られる可能性が高くなるので、それを回避する...

 滞納の事実により、自動車ローンは組みにくくなる 住宅ローンが支払えなくなり、最終的に任意売却をしたとしても、自動車ローンが組めなくなると言うことはありません。なぜなら、任意売却は金融機関との合意のもと、住宅を売却する行為だからです。そのため、任意売却をしただけではローン...

佐川朋行プロのその他のコンテンツ

Share

佐川朋行プロのその他のコンテンツ