まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
山本精一

石のプロ

山本精一(やまもとせいいち)

株式会社 石俊

山本精一プロのご紹介

京都の老舗石屋の実力は 100年以上続く信頼が証です(3/3)

墓石に関する相談・各種石工事にも対応

石と暮らし、石と生きる

「よく一般の家庭では、お母さんの包丁のトントントンという包丁の音で目が覚めると言いますが、うちは石の加工に使うノミや石頭を鍛えるための火をおこす『ふいご』のヒューヒューという音で目が覚めました」
 墓石への戒名彫りや仏像彫刻は全て手作業。石を削り取り、1日でぼろぼろになる刃を毎朝火で焼いて熱いうちに打ちつけて整える。山本さんは、そんな先代の仕事を見ながら育ってきました。
 そして山本さんが修行を終え、京都に帰ってから初めて作ったという「白衣観音」像が会社の玄関口に立っています。光を受けておだやかに微笑むその表情は、どことなく山本さんに似ているような……。

 山本さんは話の途中にも、これまでの京都の石屋の歴史を裏付けるような資料や、過去の仕事がよくわかる写真などをたくさん見せて、わかりやすく説明してくれました。
そのエピソードの1つ1つは京都の石屋の歴史であり、先代の歴史であり、山本さんの歴史。
石も、大地が積み重ねてきた、地層の歴史の現れ。
そして山本さんの技術はその2つの壮大な歴史を使って、故人の歴史のモニュメントを創造する。それは、世界にたった1つのかけがえのないものなのです。

(取材年月:2011年5月)

3

山本精一プロのその他のコンテンツ

Share