まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
山本精一

石のプロ

山本精一(やまもとせいいち)

株式会社 石俊

コラム

お母さんのイメージでデザイン墓石づくり

(株)石俊施工例から

2012年4月25日 / 2014年7月3日更新

こんにちは、『石のプロ』山本 精一です。

今日は弊店の施工例をご紹介しながら、デザイン墓石作りの流れをご紹介させていただこうと思います。


約一年ほど前に「三人の姉弟でお母さんの墓石を作りたい」というご依頼をいただきました。

お母様のご遺志に沿って京都に墓所を求めて、お墓を建てたいとのご希望です。

左京区の墓地をご案内してご契約され、さて次はお墓石です。

当初はシンプルな洋型墓石でとおっしゃっておられましたが、弊店の洋型墓石やデザイン墓石の施工例を実際に見ていただいたところ、デザイン墓石にしたいとのご希望になりました。

何案かのデザインをご提案させていただき、使用する石の組合わせも石見本を実際に組み合わせてみて、姉弟さまで検討されました。

主となる石にはお母様のイメージ「ユリの花」とお母様をあらわす文字「この文字しか浮かばない」と「愛」と彫刻されることになりました。

「ユリ」の図案と「愛」の文字の字体も三種類ほどご提案し、選んでいただきました。

デザイン墓石の場合、実物大のイメージができにくいので、実寸のお図面を作って、その上で彫刻や文字の配置を見ていただく場合もあります。

今回もそのようにさせていただきました。

そうして打ち合わせを重ねて出来上がったのが、こちらのデザイン墓石です ↓



先日、お引渡しをさせていただいた際には、何度もうなずかれながら

「お母さんの優しいイメージにぴったり!」

「思っていたより大きくて立派なお墓でびっくりした。」

「デザイン墓石でも周囲の墓石から突出していなくて違和感もないけれど、けっして埋没しない個性があっていい。」

と、とても喜んでくださいました。

こちらの墓石には、石製のウサギが置かれることになっています。

お打ち合わせの際に、お母様が亡くなられる前に、「○○ちゃん(飼っていたウサギ)ともっと遊びたかったわ」と言っておられたとお聞きしましたので、お墓に置いていただくようにプレゼントさせていただきました。

色は薄茶色とお聞きしましたので、通称サビ石といわれる薄茶色の石で作ってあります ↓



今も続けてウサギを飼っておられるご姉弟さまなので、こちらも本当に喜んでくださいました。


このように、デザイン墓石を製作させていただく場合には、お施主様の思いやお好みを何度も打ちあわせさせていただいて、デザイン・石の種類・文字等をご提案させていただきます。

お気に入りの世界にひとつの我が家のお墓が出来上がります。

デザイン墓石をご希望の方は、経験豊富な石材店へご相談くださるのがお勧めです。


●お墓や墓地のご相談・お困りごとは

『石のプロ』-信頼できる石材店にご相談ください!

『石のプロ』 (株)石俊のホームページはこちら

『石のプロ』嫁が「石俊のあれこれ」をブログに書いております.

【京都の石材店「石俊(いししゅん)」】よめっこのブログはこちら

どうぞご覧ください。

この記事を書いたプロ

山本精一

山本精一(やまもとせいいち)

山本精一プロのその他のコンテンツ

Share