まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
山本精一

石のプロ

山本精一(やまもとせいいち)

株式会社 石俊

コラム

日本の銘石『天山石(てんざんいし)』の丁場です!②

お墓作りの基礎知識

2012年3月21日 / 2014年7月3日更新

こんにちは、『石のプロ』山本 精一です。

しばらく時間が空いてしまいましたが、先日アップした『天山石(てんざんいし)』の丁場見学の続きです。

山肌から50トンのショベルでかき取られた天山石の玉石です。 ↓





採られた玉石はまず、空いているスペースへ運ばれ、地面に埋めて安定させてからクローラーという機械によって鉄の棒で穴を空けられます。 ↓





玉石は、空けられた縦の穴を手がかりに、まずは運搬しやすい平たい状態に荒くカットされ、

少し離れた集積場へ運ばれて、石の大きさに応じて角型や平たい板石状にカットされます。

ひとつひとつチェックされて才数(石の大きさ=体積)を記され積み上げられて、買い付けられる状態になります。




広い集積場の端には、チェックの段階で石の内部に亀裂がみつかったり、「ナデ」と言って石の模様の流れなどが見つかり墓石用には使えない石が乱雑に積み上げられています。

採石された原石が買い付けされて加工され、最終的に墓石や外柵として製品になるのは全体量のたったの5%ほどだといいます。

皆さんのお墓も、石の産地は違うかもしれませんが、このようにして出来上がってきた貴重なものなのです。

石のふるさとを訪ねるとよりその石に愛着が湧きます。

『天山石(てんざんいし)』は、硬度が高く、吸水率が低く、変色も少ないという、墓石に必要な条件をすべて備えた国産材№1とも言える石です。

質実剛健な『天山石』はこれからもっと人気がでそうです。

最近では関東地方でも良く売れていて、最近有名な芸能人の方もこの石をお墓の外柵に使われたそうですよ。

もちろん、弊店でもお勧めしています。

ご興味のある方は、店頭に展示してありますので、是非お越しになって実際にご覧ください。


●お墓や墓地のご相談・お困りごとは

『石のプロ』-信頼できる石材店にご相談ください!

『石のプロ』 (株)石俊のホームページはこちら

『石のプロ』嫁が「石俊のあれこれ」をブログに書いております

【京都の石材店「石俊(いししゅん)」】よめっこのブログはこちら

どうぞご覧ください。 

この記事を書いたプロ

山本精一

山本精一(やまもとせいいち)

山本精一プロのその他のコンテンツ

Share